「農水省」の検索結果

11月16日、日本PVプランナー協会が「第6回全国会員大会」を開催。関係省庁や、太陽光発電業界の最先端を走る有力者を招き、基調講演が行われた。池田真樹理事長は「100年後の地球をよりよいものにする“PV100年構想”へ向けて尽力する」と宣言した。

日本PVプランナー協会、全国会員大会で「PV100年構想」へと一致団結

田畑の上で太陽光発電を行うソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)。今年5月、農林水産省が農地転用の規制を緩和したが、ソーラーシェアリングのさらなる普及を後押しするために打ち出した促進策とは?

農水省が後押し! ソーラーシェアリングを推進する5つのサポート

ソーラーシェアリングが新たな局面を迎えている。エネルギーと農業、環境と地域経済、様々な課題を同時解決するスキームとして評価はうなぎ上りだ。今回は、ソーラーシェアリングの普及に向け農水省が行っている施策をご紹介。

ソーラーシェアリングに追い風! 農地転用期間が10年になる条件は?

森林資源について「地域住民や山林所有者など森林関係者に、確実に利益が還元される仕組みでなければなりません」と語るのは、林野庁の玉置氏。木質バイオマスの普及が進む一方で、地域の資源である森林を持続的に活用し続けるための仕組みが必要だと話す。林野庁が描くその仕組とは?

農水・経産省が進める「地域内エコシステム」とは?

2018年、再生可能エネルギーはどこに向かうのか? ソーラージャーナルでは12月13日(水)、「2018年の再エネ市場を徹底予測」と題してPVビジネスセミナーを開催。産官学の有識者8名を講師に招き、来年度に向けての最新情報を共有した。

2018年の再エネ市場 最新トレンドを有識者が分析!

農林水産省では、2016年の電力自由化を受け、「農山漁村再生可能エネルギー地産地消型構想支援事業」を始めた。この取り組みを始めるキッカケとは? 一体どのような事業なのか? 農林水産省の天野氏にお話を伺った。

再エネ利用は農山漁村を救えるのか?

日本にある豊かな森林資源を、有効的に活用しようとする取り組みに期待が高まっている。森林資源はどのようにエネルギーとして活用されるのか?木質バイオマスエネルギーを進める理由とは何か?農林水産省の玉置 賢氏に伺った。

地域活性化の鍵は木質バイオマスエネルギーにあり

これからの太陽光発電に求められることは何か。再エネの達人に聞いた。

FIT以降 太陽光発電普及促進に必要な提案とは?

アクセスランキング

  1. 再エネ先進国は、蓄電池導入コストが電力料金を下回る「蓄電池パリティ」へ
  2. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 欧州一の売上を誇るSonnen社の蓄電池システムとは?
  5. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  8. 大企業も注目! 岐阜県のバッテリーシェアリング 「働こCAR」とは?
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. スマートエネルギーWeekの季節が到来! 2020は蓄電池が熱い!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース