注目キーワード

投稿一覧

5月19日(火)、世界貿易センタービルディングでフレームレス両面ガラスモジュール「DUOMAXシリーズ」の新製品を紹介するセミナーが、トリナ・ソーラー・ジャパン株式会社によって開催された。

トリナがフレームレス両面ガラスモジュールを発表!

3G回線を利用した遠隔カメラ監視では、カメラ1台ごとに回線契約が必要で、月々のランニングコストの負担が課題となっていた。そこで、日本電業工作株式会社はコストを1/5に削減できるカメラを開発した。

遠隔監視カメラの設置コストを大幅削減!

シャープは単結晶太陽電池「ブラックソーラー」の変換効率を19.1%に高めた新製品4機種を6月から発売する。

発電ロスを大幅低減 シャープの新太陽電池製品とは?

鹿児島県鹿屋市と大崎町にまたがる土地において、国内最大級となる出力約92MWの太陽光発電所を建設、運営することが決定した。

元ゴルフ場建設予定地に巨大メガソーラー設置!

開発が環境に何らかの影響を与えるおそれがある場合、「環境アセスメント」が必要だ。世界の多くでは事業の規模に関わらず、情報公開と住民参加のプロセスに重きを置く「簡易アセス」を行い、まずチェックするという。

簡易アセスの導入を合理的に進める3つの方法とは?

シャープは2015年2月23日、性能を大幅に向上させたクラウド蓄電池システムを5月26日に発売すると発表した。

2020年の蓄電池市場規模は現在の20倍以上!? 

2月24日(火)、太陽光パネルメーカー航天機電が都内で会見を行い、低コストと高い発電力を両立させた新商品、両面発電N型単結晶PVモジュール「銀河」を発表した。

航天機電から次世代パネル「銀河」が登場!

「2015年は飛躍に向けた一歩を記すことのできる年」JPEA(太陽光発電協会)が今年1月に開催した新春交流会についてレポートする。

JPEA新春交流会で示された 今後の太陽光発電とは?

2014年11月27日、神奈川県藤沢市に計画中のFujisawa サスティナブル・スマートタウン(以下Fujisawa SST)の中核を担う拠点として「Fujisawa SST SQUARE」が開業し、グランドオープンの式典が行われた。

2018年に完成予定! 藤沢市の次世代街づくりとは

シャープは11月20日、都内において住宅用の単結晶太陽電池モジュール「BLACKSOLAR」4機種を発表した。

業界初!シャープが20年間保証付き新モジュール発表!

1 98 99 100 101 102

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. 雑草対策の切り札「防草シート」の性能を支える施工品質へのこだわりとは?...
  4. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  5. 2020年はコロナによる影響も? 世界の太陽光発電導入量に関する見通し
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  8. 【台風19号】水没した太陽光パネルは感電の危険性あり 処理する際の注意点は?...
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース