編集部からのお知らせ

都道府県別 電力自給率UPの取組とその秘訣

自給率向上に向けて
再エネのベストミックス

全国平均では、太陽光発電の比重が圧倒的に高い。再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)がスタートして、まもなく5年。魅力的なFIT買取価格に支えられ、太陽光発電は急激に導入が進められてきた。それにともない自給率が向上してきたのであり、太陽光発電の果たしてきた役割は大きかった。
しかし昨今、その伸び率は鈍化している。自給率向上のためには、他の再生可能エネルギーにも一層の成長が期待されるところだ。同時に、再エネ供給能力の高い地方と、エネルギーの大消費地である都市部との連携など、取り組むべく課題も少なくない。
とはいえ、まずは足元から。地元の自治体が、再エネに関してどんな取り組みをしているのか――ぜひチェックしてみよう!

 

『永続地帯2016年度版報告書』は、下記の永続地帯ホームページからダウンロードできる。
http://sustainable-zone.org/


取材・文/廣町公則

SOLAR JOURNAL vol.21(2017年春号)より転載

< 12

関連記事

2021/06/24 | 編集部からのお知らせ

改正温対法が求める「地域主導の脱炭素」

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【受付中】5/28(火) ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  2. ペロブスカイト太陽電池、今月下旬に官民協議会を設立 導入目標を策定へ...
  3. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  4. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  5. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  6. 高効率N型の最先端「ABCモジュール」。AIKOが日本向けラインナップを拡充
  7. CO2OSは、最高の『技術サービス力』で厳しい業界をサバイブ‼【求人募集】...
  8. 大型連休中の再エネ出力制御、8エリアで実施。エリア需要を上回る場面も...
  9. 初回の長期脱炭素電源オークション、976.6万kW約定。蓄電池で厳しい競争
  10. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ