編集部からのお知らせ

1口5万円から投資できる自然エネルギーファンド登場

PHIの自然エネルギーインフラ投資ファンド
その特徴は?

特徴は大きく分けて二つある。

1つは、手続きがインターネット上で行えることだ。すべての手続きをインターネットで完結することができる。郵送する書類は一切ない。本人確認も、メール等で本人確認書類の写真送ることで完了するので、手間がかからない。

もう1つは、業界最高水準の高い分配率だ。PHIの「パワーハウス太陽光1号ファンド」は目標分配率150%を掲げている。投資家による1口5万円~の投資に対し、目標分配率を10年で実現することを計画している。もし、日照不足や自然災害等によって収益が悪化しても、10年で目標を実現できない場合には11年目以降も分配が続く。分配総額が投資額の150%になるまで投資家への分配がなされるのだ。

 

パワーハウス太陽光ファンド1号の概要

商品名   :パワーハウス太陽光ファンド1号
申込単位  :50,000円/一口
取扱手数料 :3,240円(税込、出資金額50万円未満の場合のみ)
募集額   :4,000万円
申込期限  :2017年12月24日
(申込状況に応じて短縮・延長する場合あり)
事業開始日 :2018年2月1日(分配金の支払いは毎事業年度終了後3ヶ月以内)
投資先発電所:茨城県北茨城市、香川県さぬき市、富山県富山市、福島県河沼郡

< 12

関連記事

2019/12/25 | 編集部からのお知らせ

再エネビジネス誌『RE JOURNAL』創刊2号発売!

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. ペロブスカイト太陽電池、今月下旬に官民協議会を設立 導入目標を策定へ...
  2. 【受付中】5/28(火) ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  3. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  4. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  5. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  6. 高効率N型の最先端「ABCモジュール」。AIKOが日本向けラインナップを拡充
  7. CO2OSは、最高の『技術サービス力』で厳しい業界をサバイブ‼【求人募集】...
  8. 初回の長期脱炭素電源オークション、976.6万kW約定。蓄電池で厳しい競争
  9. 大型連休中の再エネ出力制御、8エリアで実施。エリア需要を上回る場面も...
  10. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ