編集部からのお知らせ

経済産業省が実現と普及に注力する「ZEB」って何?

経済産業省は、2030年までに新築建築物の平均での「ZEB(ゼブ)」実現を目標に掲げている。そもそも「ZEB」って何?

省エネや再生可能エネルギーの利用で
建物のエネルギー消費を正味ゼロに

地球温暖化が加速する今、CO2の削減に貢献する建築物「ZEB(ゼブ)」が注目されている。

「ZEB」とは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル」の略。建築物におけるエネルギー消費量(又はCO2排出量)を、建築物・設備の省エネ性能の向上と敷地内の再生可能エネルギーの活用等により削減し、年間でのエネルギー消費量(又はCO2排出量)がネット(正味)でゼロとなる建築物。

住宅やオフィスビルなどの建築物で消費されるエネルギーの量は、世界で消費される全エネルギーのうち約1/5を占めるといわれている。地球温暖化防止だけでなく、建物の利用者からみても光熱費削減がメリットだ。また、災害時でも少ないエネルギーで運用できるため、建築物の機能が維持しやすい。

2017年4月には「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)」が全面施行された。これによって2,000平方メートル以上の非住宅建築物の建築主は、省エネ基準の適合義務が求められる。

静岡県東部で建築資材商社、製造業、建設業を展開する植松グループは、エネルギー削減率110%の新本社を建設。2018年1月に竣工し、BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)評価認定においても「ZEB」認定を取得している。
今後、ますますZEBの普及に向けた整備が進んでいく。要注目だ。

太陽光パネルを75kW設置した植松グループの新本社

問い合わせ

植松グループ
TEL:055-922-7811
HP:植松グループ

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. いつまで続けるのか、ガソリン補助という愚策
  2. 太陽光発電 市町村の約4割でトラブルが発生、2割近くで未解決
  3. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  4. 新たな蓄電池ビジネスの急拡大! 再エネ3倍増を踏まえた政策が必要
  5. 【FIPの進化形】時代はFIP移行+蓄電池へ! 新たなビジネスモデルを探る
  6. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  7. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  8. 【PVビジネスセミナーレポート】Non-FIT時代にどう対応? PPAと蓄電池ビジネス最前線...
  9. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  10. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ