編集部からのお知らせ

YKK AP「ゼロ円ソーラー」提案、ハウステンボスや東電子会社と連携

YKK APは、新築住宅物件の施主が「初期費用ゼロで太陽光を設置」できるプランの提案を開始する。ハウステンボスと、東電子会社のTEPCOホームテックと連携し、2種類の異なるプランを用意することで、工務店が施主へと提案しやすいスキームを構築した。

PPAとリースの
2種類を提案

YKK APが、“初期費用ゼロの太陽光発電システム設置モデル”の提案を10月1日から開始する。

新モデルを提供するのは、ハウステンボス株式会社と、東京電力子会社のTEPCOホームテック株式会社。YKK APはこれら2社と共同し、工務店に対して「ゼロ円ソーラー」を提案する。新築物件の施主は、初期費用を負担することなく、太陽光発電を導入できる。

ハウステンボスとTEPCOホームテックは、それぞれ契約形態の異なるゼロ円ソーラーを展開している。

ハウステンボスは、「ハウステンボスHOME太陽光でんき」の名称で、PPA(Power Purchase Agreement、電力購入契約)型サービスを提供。新築物件の施主は、初期費用なしで太陽光発電を設置し、その売電収入はハウステンボスが受け取る。10年の契約期間終了後、太陽光発電の設備は、施主に無償譲渡される。

一方のTEPCOホームテックのサービスは、「ソーラーエネカリ」というリース型だ。施主とTEPCOソーラーテックがリース契約を結び、初期費用なしで太陽光発電を設置。施主はリース料金を支払うが、売電収入を得ることができる。こちらも、10年のリース契約期間が満了すると、太陽光発電設備は施主へと無償譲渡される。


提案モデルの契約形態(出典:YKK AP)

YKK APは、双方のサービスを工務店に提案する。2種類の異なるサービスを用意することで、工務店が施主へと提案しやすいスキームを構築した。

なおYKK APでは、断熱性能を高めて空調の省エネに貢献する「APW樹脂窓シリーズ」などをラインナップしている。こうしたエコな住宅設備に加えて、今回のゼロ円ソーラー提案などを推進することで、再エネの普及を啓発していくという。

DATA

YKK AP株式会社

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. いつまで続けるのか、ガソリン補助という愚策
  2. 新たな蓄電池ビジネスの急拡大! 再エネ3倍増を踏まえた政策が必要
  3. 太陽光発電 市町村の約4割でトラブルが発生、2割近くで未解決
  4. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  5. ペロブスカイト太陽電池で日本の「復権」を目指す。官民協議会の1回目を開催!...
  6. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  7. 【FIPの進化形】時代はFIP移行+蓄電池へ! 新たなビジネスモデルを探る
  8. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  9. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  10. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ