編集部からのお知らせ

卒FITユーザー必見! あなたに合った最適プランは? 電力会社別「買取メニュー」を公開!

「預かりプラン」が面白い

東北電力・東京電力・関西電力・四国電力・九州電力では、通常の買取プランとは別に、「預かりプラン」も用意される。

預かりプランとは、太陽光で発電した電力を一定量まで電力会社が預かり、必要なときに自分の電気として使えるというもの。昼間発電した電力を預けておいて、夜間に使うこともできるので、余剰電をより有効に活用することが可能だ。家に蓄電池がなくても、電力会社自体が蓄電池の役割を果たしてくれるサービスだといえるだろう。

そのためのサービス料を電力会社に支払う必要があるが、発電している時間帯(昼間)に電気を使わない家庭なら、電気代削減効果は大きい。なお、四国電力の場合、預かり電力量の上限は月150kWhで、これを超えた分については8円/kWhという割増価格で買い取ってくれる(同社の通常の買取プランでは7円/kWh)。



新電力への切り替えも◎

新電力各社の買取メニューは、下表のとおりバリエーション豊かだ。サービス対象エリアによって、広域型と地域型に分けられるが、卒FIT電力の買取価格に大きな違いはない。ただ、大手電力の通常プランと比べると、平均で1円/kWh程度、高く設定されている印象だ。

一方で、住宅メーカーのように買取対象を自社ユーザーに限定している場合は、明らかに高い買取価格となっている。また、電力供給とのセット契約により、買取価格を引き上げているケースも少なくない。電力以外のエネルギーを扱っている会社、例えば東京ガスなどの場合は、ガスもセットにすることで、さらにお得になるプランもある。電力以外の他社との契約内容も見直すなど、トータルなプラン選びを心掛けたいところだ。

●新電力会社の主な買取メニュー


出典:各社HP・プレスリリースより作成

 


取材・文/廣町公則

SOLAR JOURNAL vol.30(2019年夏号)より転載

< 12

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. ペロブスカイト太陽電池、今月下旬に官民協議会を設立 導入目標を策定へ...
  2. 【受付中】5/28(火) ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  3. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  4. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  5. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  6. 高効率N型の最先端「ABCモジュール」。AIKOが日本向けラインナップを拡充
  7. CO2OSは、最高の『技術サービス力』で厳しい業界をサバイブ‼【求人募集】...
  8. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  9. 初回の長期脱炭素電源オークション、976.6万kW約定。蓄電池で厳しい競争
  10. 大型連休中の再エネ出力制御、8エリアで実施。エリア需要を上回る場面も...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ