編集部からのお知らせ

経産省の中小企業向け「事業再開支援パッケージ」、5月22日から受付中!

5月25日、緊急事態宣言が全ての都道府県で解除された。2ヶ月弱に及ぶ異例の状況で、影響を受けた業界は多岐にわたる。政府は、企業の事業再開を後押しするため、補助事業の支援内容をさらに拡大した。“ウィズコロナ”というビジネスのあり方を模索する第一歩だ。

緊急事態宣言の解除受け
中小企業の事業再開をサポート

経済産業省が5月22日、新型コロナウイルス感染症による影響を早期に乗り越えるため、中小企業向けの支援策を強化した。緊急事態宣言の解除を受け、事業再開が本格化することから実施に踏み切った。具体的には、補助事業の支援内容を拡充した「事業再開支援パッケージ」を策定し、同日から受付を開始した。

これは、同省が従来から実施している「小規模事業者持続化補助金」「ものづくり・商業・サービス補助金」「サービス等生産性向上IT導入補助金」における『特別枠』として、事業再開を後押しする支援策をさらに強化したものだ。

(出典:経済産業省)

 

補助率の引き上げや上乗せ
テレワーク支援なども含む

『特別枠』では、「類型B:非対面型ビジネスモデルへの転換」と「類型C:テレワーク環境の整備」の補助率が、3分の2から4分の3に引き上げられる。

非対面型ビジネスモデルへの転換とは、自動精算機やキャッシュレス決済端末の導入、店舗販売からオンラインでの販売へのシフトなどを指す。テレワーク環境の整備としては、WEB会議システムの導入などが例として挙げられている。

また、「小規模事業者持続化補助金(特別枠・通常枠)」と「ものづくり・商業・サービス補助金(特別枠)」において、定額補助・補助上限50万円の事業再開枠に上乗せされる。対象となる経費は、業種ごとの感染拡大予防ガイドラインなどに沿った、感染症対策にかかる費用だ。消毒、マスク、清掃、間仕切り、換気設備の購入費用といった例が示された。

各補助金の公募締切は、以下の通り。

・持続化補助金: 3次締切は10月、4次締切は2月予定
・ものづくり補助金:3次締切 8月3日(月)
・IT導入補助金:応募締切 6月12日(金)、6月26日(金)、7月10日(金)

なお、ものづくり補助金については、新型コロナ感染防止対策費用は、5月14日までさかのぼって適用の対象となる。



DATA

経済産業省プレスリリース:中小企業生産性革命推進事業による「事業再開支援パッケージ」を策定しました


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. ペロブスカイト太陽電池、今月下旬に官民協議会を設立 導入目標を策定へ...
  2. 【受付中】5/28(火) ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  3. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  4. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  5. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  6. 高効率N型の最先端「ABCモジュール」。AIKOが日本向けラインナップを拡充
  7. CO2OSは、最高の『技術サービス力』で厳しい業界をサバイブ‼【求人募集】...
  8. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  9. 初回の長期脱炭素電源オークション、976.6万kW約定。蓄電池で厳しい競争
  10. 大型連休中の再エネ出力制御、8エリアで実施。エリア需要を上回る場面も...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ