編集部からのお知らせ

【電力需給・2022年冬予想】東京エリアで依然厳しく。経産省が追加策を検討

2022年1~2月の電力需給の見通しは、事前の予測と変わらず厳しい状態が続いている。経済産業省は、新しく需給逼迫の対策として2つの案を示した。発電事業者に増出力を依頼する「自家発焚き増し要請」と「kWh公募」の動向に注目だ。

厳しい見通し続く来冬の電力事情
東京では追加の調整力公募も

今年5月に経済産業省は2022年冬の電力需給の見通しを発表している。それによると、予想される需要電力に対して供給力の余裕(供給予備力)を示す供給予備率が、2022年1~2月にかけて低迷するという。中でも、東京電力エリアにおける供給予備率は最低限必要とされる8%を割り込むとされていた。(参考『【電力需給・2021年夏予想】予備率3%台が予想されるエリアも。冬季の需給見通しも厳しく』)

供給力を確保するため、経済産業省は、発電事業者に対し発電所の補修や点検などによる停止時期を調整するよう依頼した。また、東京電力エリアにおいては、追加の調整力公募を行うなどして対策が急がれている。

2022年度の[月別]電力需給見通しにおける供給予備率

(出典:経済産業省 第39回 電力・ガス基本政策小委員会)

電力逼迫の追加策が急浮上
自家発焚き増し要請とkWh公募

9月24日の経済産業省の電力・ガス基本政策小委員会では、電力需給の逼迫対策として、さらに「自家発焚き増し要請」「kWh公募」の2つが新たに提案された。

「自家発焚き増し要請」とは、電力逼迫が予想されるときに、自家発電設備をもつ発電事業者や需要家に自家発電の増出力などを依頼するものだ。基本的には、発電事業者や需要家が契約中の小売電気事業者やアグリゲーターを通して依頼が行われる。この「自家発焚き増し要請」の詳細や費用精算の方法については、今後検討が進められるとした。

(出典:経済産業省 第39回 電力・ガス基本政策小委員会)

「kWh公募」は、電力量の確保策として提案されたもので、主に火力発電事業者に向けて、追加的な発電の燃料調達のためのインセンティブとすることを目的とする。「kWh公募」が行われるとすれば、冬季の需給逼迫が予想される1~2ヶ月前の11月ごろになるとみられ、制度の動向から目が離せない。

DATA

第39回 総合資源エネルギー調査会 電力・ガス事業分科会 電力・ガス基本政策小委員会


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

2021/03/31 | 編集部からのお知らせ

緊急コラム第三弾「JEPX高騰がもたらしたもの」

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  2. いつまで続けるのか、ガソリン補助という愚策
  3. 【PVビジネスセミナーレポート】2024年度の市場動向は? PPAと蓄電池の最適化モデル...
  4. 環境省地球温暖化対策事業室に聞く! 脱炭素化の課題とその乗り越え方
  5. サングロウのエグゼクティブに聞いた日本市場でのビジネス展望。世界が注目するグリーン水素の行方は?...
  6. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  7. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  8. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
  9. 経産省、部分供給の見直し案「分割供給」を今年10月にも導入か。既存のオフサイトPPAへの影響は?...
  10. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ