地熱・水力 etc

2020年まで買取価格変動なし! 中小水力は自立へ?

2018年度、FIT(再生可能エネルギーの固定買取制度)はどう変わったのか。買取価格はこれまで以上にコスト低減を促すものとなり、大規模太陽光から始まった入札の動きは他電源にまで広がってきた。中小水力はどうなのか、見てみよう。

小規模34円、
当面は現状維持!

中小水力発電については、全てのカテゴリーにおいて昨年度と同様の買取価格となっている。さらに、3年先の2020年度まで、買取価格を一切変えない方針が示されている。

中小水力発電は、FIT制度スタート以降、徐々に認定量を増やしている。しかし、初期リスクや建設コスト等の課題から、新規開発が十分に進んでいるとは言い難い状況にある。

調達価格等算定委員会では、「コストデータが少ないため、引き続きコスト動向を注視する必要がある。従って2020年度まで想定値を据え置く」としているが、「技術開発によるコスト低減等を進め、FITからの長期的な自立を図る」との目標は崩していない。

※5.既に設置している導水路を活用して、電気設備と水圧鉄管を更新するもの。


取材・文/廣町公則

『SOLAR JOURNAL』vol.25より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  2. 大手企業が続々と電力シフト、いよいよ再エネが巨大マーケットに?
  3. 丸紅が石炭火力の権益を「2030年までに半減」と公表、その理由は?
  4. 台風20号で淡路島の風車が倒壊、日本の風車は果たして”危険”か?
  5. 放っておくと“発電停止”に!? 低圧ソーラー20年運用O&Mが必須な理由
  6. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  7. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  8. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  9. 住宅用太陽光「パネル貼り替えて再FIT契約」は認められず!
  10. ZEH時代を生き残るための蓄電池戦略「まっち」

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース