地熱・水力 etc

2020年まで買取価格変動なし! 中小水力は自立へ?

2018年度、FIT(再生可能エネルギーの固定買取制度)はどう変わったのか。買取価格はこれまで以上にコスト低減を促すものとなり、大規模太陽光から始まった入札の動きは他電源にまで広がってきた。中小水力はどうなのか、見てみよう。

小規模34円、
当面は現状維持!

中小水力発電については、全てのカテゴリーにおいて昨年度と同様の買取価格となっている。さらに、3年先の2020年度まで、買取価格を一切変えない方針が示されている。

中小水力発電は、FIT制度スタート以降、徐々に認定量を増やしている。しかし、初期リスクや建設コスト等の課題から、新規開発が十分に進んでいるとは言い難い状況にある。

調達価格等算定委員会では、「コストデータが少ないため、引き続きコスト動向を注視する必要がある。従って2020年度まで想定値を据え置く」としているが、「技術開発によるコスト低減等を進め、FITからの長期的な自立を図る」との目標は崩していない。

※5.既に設置している導水路を活用して、電気設備と水圧鉄管を更新するもの。


取材・文/廣町公則

『SOLAR JOURNAL』vol.25より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 速報! 2020年度FIT買取価格・賦課金が決定! 低圧は認定要件も変更
  2. 太陽光の主力電源化に向けた“O&Mのあるべき姿”とは?
  3. なぜ、いま雑草対策なのか? 軽視できない太陽光発電所の“雑草問題”①...
  4. J-クレジット「再エネ発電」への人気上々。 卒FITも特例で認証へ
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  7. 「PV自家消費モデル」で伊藤忠が社内外の体制強化
  8. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  9. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  10. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース