政策・マーケット

電力会社選択時代 再エネ重視の6タイプを比較!

再エネ重視の新電力6タイプ
それぞれの価値観で、それぞれの再エネを!

再生可能エネルギー重視の電力会社といって、その背景や事業スキームは多種多様だ。
ここでは、代表的な6つのタイプを紹介する。

1  再エネベンチャー系
再エネ発電事業や販売・施工等からスタートしたベンチャー企業による新電力。これまでに自社が手掛けた太陽光発電設備や、個別契約を結んだ再エネ発電所などから電力の多くを調達する。Looopやアンフィニなど、独自のサービスで大手に挑む。

2  地域新電力系
地域に根差した事業を手掛けてきた企業が、電力供給も行うというケース。その地域の再エネ発電所から電力を調達することにこだわり、電気の販売先としても同地域を優先する。目指しているのは、エネルギーの地産地消だ。

3  大手新電力系
大手の新電力会社の中にも、クリーンな電気をウリにする事業者は存在する。例えば、電気と通信のセット割で知られるソフトバンクグループでは、独自の「FITでんきプラン」も用意。同グループのSBエナジーが発電した電力を中心に、再エネ比率の高い電力を供給する。

4  生協系
全国には約500の生活協同組合(生協)があり、それぞれに環境意識の高い膨大な数の組合員(消費者)を抱えている。東日本大震災以降、多くの生協が脱原発を掲げ、自家発電への取組みを進めてきた。電力小売もその延長線上にある。

5  自治体系
自治体が出資して電力小売会社を立ち上げ、地元の公共施設・企業・住民を対象に電気を販売する。県が主体の株式会社やまがた新電力(山形県山形市)、市が主体の会社・みやまスマートエネルギー株式会社(福岡県みやま市)、町主体による株式会社中之条パワー(群馬県中之条町)など、全国に18社が存在する。

6 新事業モデル
自宅に太陽光を設置することなどを条件に、電力供給を行う会社もある。日本エコシステムは、ユーザーの屋根に無料で太陽光パネルを載せ、つくった電気をそのまま屋根下に供給する。NTTスマイルエナジーでは、同社の発電監視システムを設置する太陽光オーナーを対象に、昼間・太陽光100%の電力を供給する。

 


取材・文/廣町公則

※『SOLAR JOURNAL』vol.20より転載

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース