政策・マーケット

オフグリッドに高まる期待。新興国にPVを!

POINT2 プロインゾが新興国でのビジネスをサポート!
日本企業にEPMを提供

プロインゾでは、SOLAR ENERGY SOLIDARITYを通して培った信頼とノウハウを、新興国への進出を考える日本企業のためにも役立てていきたいと考えています。

経済発展に伴って、高まり続ける新興国でのPVニーズ。この市場に参入するなら、今がチャンスです。

プロインゾは、新興国でのEPM(設計・調達・マネジメント)の豊富な実績により、オングリッド/オフグリッドを問わず、各種プロジェクトをトータルにサポートすることが可能です。コンサルティングも承っておりますので、お気軽にご相談ください。


プロインゾ ジャパン代表
伊集院 誠 氏
18歳で起業し、ITや半導体の分野での経験を経て、太陽光発電システム施工販売を手掛ける。2011年の東日本大震災を契機に日本市場参入を決意し、プロインゾ ジャパンを設立して活動を開始。

プロインゾ ジャパン(ソーラー・フォー・ジャパン株式会社)
TEL:0120-860707
HP:プロインゾ ジャパン


取材・文/廣町公則

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 発電量を最大化するモニタリングシステムとは? 導入企業も多数!
  2. O&M協議会、初の技術セミナー「驚きのトラブルと解決法」が多数!
  3. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
  4. ソーラーシェアリング特集号第2弾! アースジャーナルvol.06発売
  5. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
  6. 東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に
  7. 頻繁に変更される未稼働案件ルール、今度は「変更整理表」更新
  8. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  9. エネ庁が未稼働案件への対応決定、「価格切り下げ」の原則は変わらず
  10. 出力制御は珍しいことではない? 再エネ先進国では”ごく日常的”

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース