注目キーワード

政策・マーケット

未来の太陽光発電のカギを握るO&M企業に注目!

太陽光発電に不可欠なO&M(運用・保守管理)ビジネスが多様化する中、O&Mを展開している企業が続出している。第3回目は実際にO&Mを展開している企業を紹介する。

横浜環境デザインの取り組み
PVテストカーで定期“健診”

市場の成長に着目して、先進的なO&Mを展開している企業が続出している。施工・販売企業大手の横浜環境デザインは、今年6月に子会社であるソーラーワークスとO&M先進国であるドイツの企業の間で合弁会社を設立した。ソーラーワークスは、発電所の太陽電池モジュールを現場で検査できる自動車「PVテストカー」を日本で初めて導入するなど、O&Mサービスを注力している。同社の池田真樹社長は、「太陽光発電設備は設置したら終わりではない。20年間買い取られる義務とともに、エネルギーインフラとして20年間安定して発電し続ける義務もある」とO&Mが社会に果たす責任を語る。

同社のPVテストカーは4台となり、現場に駆けつけて電圧でセルを発光させるEL検査などさまざまな検査を実施している。「今のO&Mは監視システムやパワコンが止まってから現場に駆けつけて対応するケースがほとんど。大事なのは、発電所建設前、建設直後も含め、定期的に発電所の健康診断を真剣にすること。予防保全としてO&Mに取り組まなければいけない」(池田社長)。また、これからは日本でも発電所の転売市場が活性化するといわれており、やはりO&Mがカギを握るのだ。


文/南野彰

※『EARTH JOURNAL』vol.01 より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光発電所の「リパワリング」が変わる! 集中型から分散型へ、パワコンをリプレース...
  2. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  3. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
  4. 太陽光発電設備が水害にあったら? 豪雨への備えは?
  5. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  6. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  7. 最新情報を施工管理アプリANDPADで共有・連携! 管理件数と粗利率を同時にアップ!...
  8. 今、電気料金の「値上げ」を認めるべき理由
  9. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  10. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.42 | ¥0
2022/7/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース