注目キーワード

政策・マーケット

未来の太陽光発電のカギを握るO&M企業に注目!

太陽光発電に不可欠なO&M(運用・保守管理)ビジネスが多様化する中、O&Mを展開している企業が続出している。第3回目は実際にO&Mを展開している企業を紹介する。

横浜環境デザインの取り組み
PVテストカーで定期“健診”

市場の成長に着目して、先進的なO&Mを展開している企業が続出している。施工・販売企業大手の横浜環境デザインは、今年6月に子会社であるソーラーワークスとO&M先進国であるドイツの企業の間で合弁会社を設立した。ソーラーワークスは、発電所の太陽電池モジュールを現場で検査できる自動車「PVテストカー」を日本で初めて導入するなど、O&Mサービスを注力している。同社の池田真樹社長は、「太陽光発電設備は設置したら終わりではない。20年間買い取られる義務とともに、エネルギーインフラとして20年間安定して発電し続ける義務もある」とO&Mが社会に果たす責任を語る。

同社のPVテストカーは4台となり、現場に駆けつけて電圧でセルを発光させるEL検査などさまざまな検査を実施している。「今のO&Mは監視システムやパワコンが止まってから現場に駆けつけて対応するケースがほとんど。大事なのは、発電所建設前、建設直後も含め、定期的に発電所の健康診断を真剣にすること。予防保全としてO&Mに取り組まなければいけない」(池田社長)。また、これからは日本でも発電所の転売市場が活性化するといわれており、やはりO&Mがカギを握るのだ。


文/南野彰

※『EARTH JOURNAL』vol.01 より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  6. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  7. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  8. 洋上風力の「有望区域」今年度も4か所を選定。青森沖など東北が中心
  9. 太陽光発電プロジェクト入札「世界最低価格」が更新
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.34 / ¥0
2020年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース