注目キーワード

政策・マーケット

都道府県別 電力自給率UPの取組とその秘訣

再生可能エネルギーと一言で言っても、その種類は都道府県ごとに大きく異なる。どのような特徴があるのか、その内訳を見てみよう。

電力自給率100%を
111市町村が達成

エネルギーを「電力」だけに限ってみると、「電力」と「熱」を合わせた場合よりも自給率はアップする。自給を支える再生可能エネルギーは、その大半が発電に使われているからだ。
2016年3月末時点で、電力自給率が100%以上の市町村は111を数える。この111市町村においては、地域内の電力需要(家庭用・業務用、農林水産用)を上回る量の電力を、再生可能エネルギーだけで生み出し得るということだ。

都道府県自給率ランキング
個性が光るTOP3

表は、この電力自給率を都道府県別にランキングしたもの。大分県、秋田県、鹿児島県の上位3件が、電力自給率30%を超えていることがわかる。電力自給率10%以上には、31都道府が名を連ねる。

再生可能エネルギーの内訳は、都道府県によって大きく異なる。トップの大分県は、地熱の比重が高く、第2位の秋田県では、地熱・風力・小水力がバランス良く活用されている。その他、宮崎県(第4位)のバイオマスや、富山県(第5位)の小水力など、都道府県ごとに様々な特徴をもつ。

12>

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  6. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  7. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  8. 洋上風力の「有望区域」今年度も4か所を選定。青森沖など東北が中心
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.34 / ¥0
2020年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース