注目キーワード

政策・マーケット

都道府県別 電力自給率UPの取組とその秘訣

自給率向上に向けて
再エネのベストミックス

全国平均では、太陽光発電の比重が圧倒的に高い。再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)がスタートして、まもなく5年。魅力的なFIT買取価格に支えられ、太陽光発電は急激に導入が進められてきた。それにともない自給率が向上してきたのであり、太陽光発電の果たしてきた役割は大きかった。
しかし昨今、その伸び率は鈍化している。自給率向上のためには、他の再生可能エネルギーにも一層の成長が期待されるところだ。同時に、再エネ供給能力の高い地方と、エネルギーの大消費地である都市部との連携など、取り組むべく課題も少なくない。
とはいえ、まずは足元から。地元の自治体が、再エネに関してどんな取り組みをしているのか――ぜひチェックしてみよう!

 

『永続地帯2016年度版報告書』は、下記の永続地帯ホームページからダウンロードできる。
http://sustainable-zone.org/


取材・文/廣町公則

SOLAR JOURNAL vol.21(2017年春号)より転載

< 12

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 未稼働案件のFIT認定失効制度、運転開始期限を見直し。太陽光以外にも適用...
  9. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  10. 自己託送を「日本版コーポレートPPA」に。経済産業省が要件の見直しスタート...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.37 | ¥0
2021/4/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース