政策・マーケット

「過積載」の規則一部改正。パブコメ1000件の影響も

太陽光発電でトレンドとなっている「過積載」。平成29年8月31日に、「事後的過積載」に対して調達価格変更の制約を設ける省令等が公布・施行された。これは、『規模が大きいほど有利になってしまい不公平である』などのパブリックコメントを参考に、改正案に修正がなされたものだ。

国民負担軽減が狙い

「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法施行規則の一部を改正する省令等」が、平成29年8月31日に公布・施行された(資源エネルギー庁)。今回の改正は、太陽光発電業者が、FIT認定を受けた後に太陽電池パネルを増設し、パワーコンディショナの定格出力を超えて搭載する「事後的過積載」について、調達価格の変更という一定の制約を設けるものである。

寄せられたパブリックコメントは1000を超えており、それらの中には、実際の省令案の変更につながったものもある。具体的には、改正の対象となる発電規模に関して、コメントに基づいて変更が行われることになった。

コメントを受け適用範囲修正

変更例としては以下のような点がある。原案では「3kW未満もしくは3%未満の変更(「増加」の場合)を(今回の変更の対象から)除く」となっていた点に対して、“「3kW未満もしくは3%未満の変更を除く」ということでは、規模が大きいほど有利になってしまい不公平である。”とのコメントが寄せられた。この指摘を受けて、改正案が「3kW未満かつ3%未満の変更の認定を除く」に修正された(強調編集部)。10kW未満の設備は対象外。

※「減少」の場合は20%未満

パブリックコメントに関しては、以下のURLから全結果を見ることができる。
パブリックコメント:結果公示案件詳細

パブリックコメントが法案に影響を与えることも多い。積極的に参加をすることが望まれる。


文/慶尾六郎

関連記事

アクセスランキング

  1. 【速報】太陽光発電の「入札」結果が明らかに!
  2. なぜ日本では「風力発電」導入が遅れているのか?
  3. 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」12/13開催
  4. 2017年度、これが新FIT買取価格だ!
  5. 太陽光 第2の市場拡大へ! トップ企業 次の一手は
  6. あなたは知ってる? 小形風力発電の3つの注意点
  7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  8. 産業用太陽光のトレンドは単結晶シリコンへ!
  9. 来年度FIT激変、バイオマス発電に「入札」を導入!
  10. EV市場を中国が席巻 「世界のトヨタ」が時代遅れに
Jinko Solar LONGi SOLAR [高性能]住宅設備 EXPO

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.23 / ¥0
2017年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース