注目キーワード

政策・マーケット

「過積載」の規則一部改正。パブコメ1000件の影響も

太陽光発電でトレンドとなっている「過積載」。平成29年8月31日に、「事後的過積載」に対して調達価格変更の制約を設ける省令等が公布・施行された。これは、『規模が大きいほど有利になってしまい不公平である』などのパブリックコメントを参考に、改正案に修正がなされたものだ。

国民負担軽減が狙い

「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法施行規則の一部を改正する省令等」が、平成29年8月31日に公布・施行された(資源エネルギー庁)。今回の改正は、太陽光発電業者が、FIT認定を受けた後に太陽電池パネルを増設し、パワーコンディショナの定格出力を超えて搭載する「事後的過積載」について、調達価格の変更という一定の制約を設けるものである。

寄せられたパブリックコメントは1000を超えており、それらの中には、実際の省令案の変更につながったものもある。具体的には、改正の対象となる発電規模に関して、コメントに基づいて変更が行われることになった。

コメントを受け適用範囲修正

変更例としては以下のような点がある。原案では「3kW未満もしくは3%未満の変更(「増加」の場合)を(今回の変更の対象から)除く」となっていた点に対して、“「3kW未満もしくは3%未満の変更を除く」ということでは、規模が大きいほど有利になってしまい不公平である。”とのコメントが寄せられた。この指摘を受けて、改正案が「3kW未満かつ3%未満の変更の認定を除く」に修正された(強調編集部)。10kW未満の設備は対象外。

※「減少」の場合は20%未満

パブリックコメントに関しては、以下のURLから全結果を見ることができる。
パブリックコメント:結果公示案件詳細

パブリックコメントが法案に影響を与えることも多い。積極的に参加をすることが望まれる。


文/慶尾六郎

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光発電所の「リパワリング」が変わる! 集中型から分散型へ、パワコンをリプレース...
  2. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  3. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
  4. 太陽光発電設備が水害にあったら? 豪雨への備えは?
  5. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  6. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  7. 最新情報を施工管理アプリANDPADで共有・連携! 管理件数と粗利率を同時にアップ!...
  8. 今、電気料金の「値上げ」を認めるべき理由
  9. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  10. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.42 | ¥0
2022/7/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース