政策・マーケット

「過積載」の規則一部改正。パブコメ1000件の影響も

太陽光発電でトレンドとなっている「過積載」。平成29年8月31日に、「事後的過積載」に対して調達価格変更の制約を設ける省令等が公布・施行された。これは、『規模が大きいほど有利になってしまい不公平である』などのパブリックコメントを参考に、改正案に修正がなされたものだ。

国民負担軽減が狙い

「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法施行規則の一部を改正する省令等」が、平成29年8月31日に公布・施行された(資源エネルギー庁)。今回の改正は、太陽光発電業者が、FIT認定を受けた後に太陽電池パネルを増設し、パワーコンディショナの定格出力を超えて搭載する「事後的過積載」について、調達価格の変更という一定の制約を設けるものである。

寄せられたパブリックコメントは1000を超えており、それらの中には、実際の省令案の変更につながったものもある。具体的には、改正の対象となる発電規模に関して、コメントに基づいて変更が行われることになった。

コメントを受け適用範囲修正

変更例としては以下のような点がある。原案では「3kW未満もしくは3%未満の変更(「増加」の場合)を(今回の変更の対象から)除く」となっていた点に対して、“「3kW未満もしくは3%未満の変更を除く」ということでは、規模が大きいほど有利になってしまい不公平である。”とのコメントが寄せられた。この指摘を受けて、改正案が「3kW未満かつ3%未満の変更の認定を除く」に修正された(強調編集部)。10kW未満の設備は対象外。

※「減少」の場合は20%未満

パブリックコメントに関しては、以下のURLから全結果を見ることができる。
パブリックコメント:結果公示案件詳細

パブリックコメントが法案に影響を与えることも多い。積極的に参加をすることが望まれる。


文/慶尾六郎

関連記事

アクセスランキング

  1. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  4. コロナ禍で広がる経済への影響。世界と再エネの展望は「安全、安心」が開く...
  5. まるでスクーター! オランダ発、屋根上パネル搭載の小型EVが登場!
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  8. “コロナ後”の日本を変えるのは「地域の具体策」である
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース