政策・マーケット

【最新】2018年度、新FIT買取価格が決定! 割賦金単価も

経済産業省は2018年3月23日、再生可能エネルギーにおける2018年度の固定買取価格(太陽・風力・水力・バイオマス他)、割賦金単価を発表。気になる最新のFIT価格が明らかに!

産業用は18円+税
10円台に突入!

経済産業省は2018年3月23日、再生可能エネルギーの固定価格買取制度における、2018年度の新規参入者向け買取価格を発表した。

各区分における買取価格は、以下の通りだ。

※統計はすべて、経済産業省より出典

■太陽
非住宅用太陽光発電(10kW以上2000kW未満)の買取価格は、前年2017年度が21円だったのに対し、2018年度は18円に決定。3円の価格低下により、FIT10円台の時代へ突入する結果となった。

住宅用太陽光発電(10kW未満)は2019年度までの買取価格を決定済で、今年度は、2020年度の買取価格を決定しない。

<非住宅用太陽光 買取価格表>

<住宅用太陽光 買取価格表>

■風力
風力は既に2019年度までの買取価格を決定しており、2020年度の価格は、陸上風力が18円、リプレース(設備更新案件)については16円で据え置きとなることを新たに発表。着床式洋上風力は2020年度の価格を決定しないとしており、浮体式洋上風力は36円で据え置きだ。

なお、2018年度より小型風力(20kW未満)のカテゴリーは撤廃されている。詳しくは過去ページを参照。

>>小型風力発電のFIT価格が大幅値下げ! 対応方法は?

>>小型風力のFIT区分撤廃に悲鳴の声

<陸上風力 買取価格表>

<洋上風力 買取価格表>

■地熱、中小水力
地熱発電、中小水力は全区分で2019年度までの買取価格が決定しており、2020年度の買取価格を以下のように決定。
<地熱 買取価格表>

<中小水力 買取価格表>

■一般木材等・バイオマス液体燃料
一般木材とバイオマス液体燃料は2018年度から別区分化。一般木材等(10,000kW以上)とバイオマス液体燃料(全規模)は2018年度から入札制に以降しており、2018年度は1回(下期)に実施する。一般木材等は、2018年度の買取価格を決定。
<一般木材等 買取価格表>

■その他
その他の区分は、2019年度までの買取価格が決定しており、新たに2020年度の買取価格が決定した。
<その他 買取価格表>

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 頻繁に変更される未稼働案件ルール、今度は「変更整理表」更新
  2. 小泉元首相も注目の「太陽光発電事業者連盟」が発足、今後の活動は?
  3. 東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に
  4. SUNGROWが新製品2機種を発表! 本誌連載中の飯田氏が基調講演も!
  5. 発電量を最大化するモニタリングシステムとは? 導入企業も多数!
  6. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
  7. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
  8. ソーラービニールハウスも大好評! BSLがパネル架台の可能性を切り拓く
  9. 2019年1月16日開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  10. インドが太陽電池モジュールのセーフガード課税を実施、影響は短期的?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース