政策・マーケット

米シンガーが環境保護を喚起「100年後の地球に向けたレコード」発表

音楽プロデューサーで歌手のファレル・ウィリアムスは、環境活動家としても有名。国連でのスピーチに続き、フランスのコニャック会社とのユニークなコラボで「今こそアクションを起こすべき」と訴える。

地球は一つしかないことに
気づいているか?

「俺は二つの大きな問題に情熱を燃やしている。一つは気候変動、もう一つは教育だ。気候変動は、今、最も重要な問題でこの地球の存在を脅かすものだ」とThe Guardian誌のウェブサイトが掲載したビデオレターで語るファレル。

映画『不都合な真実』でお馴染みの、アメリカ元副大統領で環境活動家のアル・ゴアと組んでライブ・アースのイベントにも関わった彼は、国連でこうスピーチした。「地球を救うための努力として、アクションを起こす時が来た。我々の行いは、地球は一つしかないということに気づいているとは信じがたいものだ。今日、私がここで最も伝えたいのは、我々はすでにトラブルに陥っているけれど、それを変えられるということ。この地球は我々の家なのだから」と語り、すぐに行動を起こすべきだと訴えた。

曲が聴きたいなら、
今すぐアクションを!

また、ファレルは昨年秋にフランスの有名なコニャック会社レミーマルタンのユニークな環境問題の取り組みにも参加した。オリジナル曲「100 Years:The Song We’ll Only Hear If We Care」を制作したファレルは、粘土で制作されたレコードに録音した同曲を、特別イベントで1回だけ演奏。そのレコードは、同社のセラー内にある、100年後まで解錠されない金庫に入れられた。

もし我々が気に掛けるのなら(If We Care)、気候変動に歯止めがかかり、100年後に金庫が開いたときにこのレコードを再生することができる。しかし、ケアしなければ、水位が上がり、セラーが水没する。そうしたら粘土製のレコードは溶けてしまい、再生は不可能だ。タイトルが示す通り、「地球をケアするのなら曲は聴ける」のだ。

この”アクション”でファレルが伝えたいことは明確だ。聴きたいのなら、今すぐアクションを起こし地球をケアしよう!

プロフィール

ファレル・ウィリアムス
Pharrell Williams

1973年バージニア州出身。シンガー・音楽プロデューサー。10代の頃からプロデュース業を行う。これまでにグラミー賞で計11冠に輝いている。今年7月、ヒップホップ・ロックグループN.E.R.Dとしてフジロックに出演するため来日。


取材・文/はせがわいずみ

SOLAR JOURNAL vol.26(2018年夏号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  2. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 住宅用太陽光に新機軸、パネル1枚からでも設置可能に!
  8. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  9. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に
  10. FIT買い取り期間終了後はどうなる? 再エネ自立化へ向け自家消費が牽引
  アンプトジャパン ソーラーエッジ タイゴエナジー ジンコソーラー ライセンエネルギー  

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース