注目キーワード

政策・マーケット

太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に

経済産業省は、再生可能エネルギーに関する小委員会で、「過去にFIT認定した未稼働案件」の買取価格を減額する方針を固めた。増大し続ける再エネ賦課金の国民負担を抑制する狙いがあるが、“国が一度認めたものを覆す”ことへの反発は必至だ。

「未稼働案件の買取価格」減額
再エネ賦課金の国民負担を抑制

経産省は、10月15日の「再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会」で、太陽光発電の固定価格買取制度(FIT)の一部を見直す方向性を示した。過去に認定した設備のうち、未稼働の案件の買取価格を引き下げる方針だ。

国が、一度認定したものを覆す、という異例の措置を講じることになる。強い反発を招くことは必至だが、背景には、再生可能エネルギー発電促進賦課金の国民負担の増大がある。

経産省の資料によると、2018年度の買取費用総額は3.1兆円で、再エネ賦課金(国民負担)総額は2.4兆円にのぼるという。電気料金に占める賦課金の割合は、産業用・業務用で16%、家庭用で11%に増大。いまや、電気料金の1割以上が賦課金で占められているのだ。

これは、諸外国と比べても高い金額だという。FIT制度開始から5年間(2012~2016年)で再エネ比率を約5%増加(10→15%)させるのにかかった国民負担単価は、日本では2.25円/kWhだった。これをドイツおよびイギリスと比較すると、ドイツは0.63円/kWh、イギリスでは0.28円/kWh。日本よりも大幅に低い。


FIT制度に伴う国民負担の内外比較(出典:経済産業省)

再エネ賦課金の国民負担を低減することは、喫緊の課題だといえるが、逆に国民負担はどんどん増えている。しかも現行のFIT制度では、国民負担がさらに大きく膨らむ可能性のある“時限爆弾”を抱えている。それが、過去にFIT認定を受けたにもかかわらず、まだ稼働していない「未稼働案件」だ。

123>

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 【2021年度FIT】調達価格や入札対象の検討スタート。FIP対象区分も
  6. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  9. 米気候変動政策、バイデン政権で環境分野へ巨額投資か。NEDOが予想
  10. 菅首相、所信表明で「2050年に温室効果ガス排出ゼロ」を宣言

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 | ¥0
2020/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース