政策・マーケット

「2019年問題」専用サイト開設! エネ庁が注意喚起と情報提供

2009年にスタートした住宅用太陽光発電の固定価格買取制度。10年間の買取期限が満了を迎える「2019年問題」を前に、資源エネルギー庁が専用サイトを開設した。ホームページを通して、対象ユーザーへさまざまな情報を発信する。

期間満了後の選択肢は2つ
自家消費か、余剰売電か

経済産業省・資源エネルギー庁が、「2019年問題」対策の一環として、ホームページ内に新しく専用ページを開設した。

2019年問題とは、2009年にスタートした「固定価格買取制度」を利用して太陽光発電を設置したユーザーが、10年間の買取期間の満了を迎えること。エネ庁によると、2019年中に50万件を超えるユーザーが対象となる。

期間満了後の選択肢は大きく分けて2つ。電気自動車や蓄電池などと組み合わせて「自家消費」するか、電気事業者などと新たな契約を結んで「余剰電力を売電」するか、のどちらかとなる。


(出典:資源エネルギー庁)

エネ庁の新しい専用ページは「どうする?ソーラー」という名称で、買取期限を迎える太陽光発電ユーザーへ向けて、さまざまな情報を提供。自家消費の詳しい説明や、悪徳業者に引っかからないための注意喚起、よくある質問のQ&Aなどを掲載している。

さらに、今後は「余剰電力の売電先」となる電気事業者の情報なども提供していく予定だという。

DATA

経済産業省・資源エネルギー庁
どうする?ソーラー|資源エネルギー庁

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  2. 11月22日(木)、サングロウが新製品発表会を開催! 飯田哲也氏が基調講演!
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. 【最新】2018年度、新FIT買取価格が決定! 割賦金単価も
  5. ZEH時代を生き残るための蓄電池戦略「まっち」
  6. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  7. 卒FITに関する意識調査、期間満了後どうなるのか理解しているのは4割
  8. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  9. 満充電まで3分ってホント!? 日本で電気自動車は普及するのか?
  10. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース