政策・マーケット

事業用太陽光発電、250~500kW規模の中型案件まで入札対象に

現在、2,000kW以上の大規模案件を対象に実施されている「太陽光発電の入札制度」。経済産業省は、その範囲を広げ、250kWもしくは500kW以上の中規模案件まで入札の対象とする方針だ。

市場の競争原理促し
コストダウン加速

経済産業省の「調達価格等算定委員会」が11月8日に開催され、事業用太陽光発電の入札制度について議論された。

入札制度は、現在は2,000kW以上の大規模案件にのみ導入されている。市場の競争原理を促し、太陽光発電のコストダウンを加速する狙いがある。

今回の議論は、入札対象とする案件を現状の大規模案件から、中規模案件まで拡大することで、より一層のコストダウンを目指すというものだ。

そもそも事業用太陽光発電とは、10kW以上の案件のこと。これを規模別に分類し、件数ベースでFIT認定量・導入量を一覧にしたものが、以下の表だ。


出典:経済産業省

件数ベースで見ると、10~50kW未満の低圧案件が、累計の認定量・導入量ともに約95%と圧倒的多数を占めている。

一方、同様に規模別分類し、容量ベースで一覧にしたものが以下の表だ。


出典:経済産業省

容量ベースで見ると、累積認定量で250kW以上が68%、500kW以上が63%。累積導入量では、250kW以上が60%、500kW以上が53%となっている。

こうした現状や、海外の状況などを踏まえて、委員会では250kW以上の事業用太陽光発電を入札対象とする案が出された。仮に250kW以上を対象範囲とする場合、事業用太陽光全体のFIT認定容量・導入容量の6~7割程度の範囲がカバーされる。

また、業界団体からのヒアリングで「入札太陽範囲の拡大は段階的に行うべき」という指摘があったことを踏まえ、500kW以上を入札対象とする案も検討。その場合は、事業用太陽光の5~6割程度の範囲がカバーされることになる。

このように、中規模案件まで入札制度を拡大し、FITの買取価格を引き下げることで、再エネ賦課金による国民負担の軽減を目指すという。

ただし、懸念もある。現在は、2,000kW以上の大規模案件で入札制度が導入されているが、うまく機能しているとはいいがたいからだ。

大規模案件の入札は、これまでに2回実施されたが、いずれも実際の入札容量が募集容量を下回っている。また、直近の第2回入札では上限価格を非公表にしたため、すべての事業が上限価格を上回り、落札者ゼロという結果となった。

コストダウンを急ぎすぎると、多くの事業者が「もう太陽光発電は儲からない」と見切りをつけて撤退してしまい、再生可能エネルギーの普及にブレーキが掛かってしまう恐れがある。

今後、太陽光発電の入札制度はどのようにして運用されていくのか。ドイツなどでは、入札制度によってコストダウンが進んでいる、というデータが出ているが、日本でもその成功事例がそのまま当てはまるのだろうか。

DATA

経済産業省

関連記事

アクセスランキング

  1. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  2. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  3. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  4. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  5. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  6. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  7. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  8. 太陽光の「シェアリングエコノミー」がバングラディシュで普及中!
  9. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に
  10. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
 

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース