政策・マーケット

世界初の「水素電気旅客機」2025年までに試作機飛行予定

シンガポールの企業HESエナジー・システムズが、水素電気で空を飛ぶ旅客機「エレメント・ワン」を発表。航続距離は500〜5,000キロメートルだといい、2025年までの試作機飛行を目指している。

フライトシェアリング企業と提携
新たな空の移動手段に

今秋10月、シンガポールの企業HESエナジー・システムズからゼロ・エミッション・リージョナル旅客機「エレメント・ワン」が発表された。エレメント・ワンとは12年にわたって小型無人飛行機向けの水素推進システムの開発を続けてきた同社の、世界初のリージョナル水素電動旅客機だ。



定員は4人。500〜5000キロメートルの航続距離(水素を気体か液体のどちらかで貯蔵するかによって変わる)の実現を予定している。パートナー会社との技術開発だけでなく、エレメント・ワンをサポートするための新ビジネスモデルの展開にも、HESエナジー・システムズは取り組んでいる。フライトシェアリングサービスを運営するフランスのスタートアップ企業ウイングリーとも提携したのだ。

ウイングリーのエムリック・ド・ワジエCEOは「フランスには450ヶ所の飛行場があるが、その1割しか定期便が飛んでいない。残りの9割をエレメント・ワンなどと協働しフライトシェアリングでつなぐことで、今までの枠組みを変えることができる」と述べる。

HESエナジー・システムズは2025年より前に最初の試作機を飛ばすことを目標にしている。新たな空の移動手段が生まれつつある。


text/Yukinobu Kato

関連記事

アクセスランキング

  1. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  2. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 住宅用太陽光に新機軸、パネル1枚からでも設置可能に!
  8. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  9. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に
  10. FIT買い取り期間終了後はどうなる? 再エネ自立化へ向け自家消費が牽引
  アンプトジャパン ソーラーエッジ タイゴエナジー ジンコソーラー ライセンエネルギー  

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース