政策・マーケット

卒FITビジネスが熱い! 電力買い取りや蓄電池システムに注目すべき理由は?

卒FITをターゲットに、新たなビジネスが産声をあげている。その筆頭が、卒FIT電力の買取サービスだ。自家消費ニーズの高まりを受けて、蓄電システムにも様々な提案がみられる。電力買取と蓄電をセットにしたサービスも真新しい。これまでにない企業同士の連携にも注目が集まる。

卒FIT電力の
買い取り現状は?

卒FIT電力の買い取りについては、新電力各社が続々と参入を表明している。しかし、具体的な買取価格を発表している会社は、まだ少ない。大手電力の買取価格が出そろっていないので、様子見をしている状況にあるようだ。大手電力の新メニューが出そろう6月以降、いっきに価格が公表されることになるだろう。

こうした状況にあって、2月28日に早くも価格を公表したのがソーラーフロンティアと昭和シェル石油(現・出光興産)だ。九州エリア7.5円/kWh、その他のエリア(沖縄を除く)8.5円/kWhという金額を打ち出して注目を集めた。太陽光パネルメーカーであるソーラーフロンティアの卒FITユーザーを囲い込むことで、同グループの電力供給サービスにも活かしていきたいところだろう。同グループでは、卒FIT太陽光から調達した電力を活用する「CO2低排出電力プラン」も提供していく考えだ。



NTTスマイルエナジーは、同社の太陽光遠隔監視システムを設置している顧客など卒FIT電力を新電力のエネットにまとめて供給する。エネットは、その電力を環境にやさしいグリーンメニューとして、RE100(事業運営を100%再生可能エネルギーで行うことを目標に掲げる企業の国際イニシアチブ)加盟企業などに販売していくという。


NTTスマイルエナジーとエネットの電力買取・販売スキーム 出典:NTTスマイルエナジー

 

卒FIT電力に乗り出す
数多くの企業

卒FIT電力に手を伸ばすのは、既存の新電力や太陽光関連企業だけではない。住宅メーカーである積水ハウスも、卒FIT電力の買い取りを表明した。買取対象を積水ハウスオーナーの太陽光発電だけに限定し、集めた電力は自らの事業用電力として使っていく計画だ。同社は日本の建築業界として初めてRE100に加盟した企業。卒FIT電力は、FIT電力とは違い、純然たる再エネと認められるので、再エネ調達比率を高めたいRE100企業には魅力的な電源なのだ。


卒FIT電力を自社事業用電力として活用。事業用電力のコストは、卒FIT買取単価に加え、託送料等を加えた金額になる。 出典:積水ハウス

同じくRE100企業であるイオンは、中部電力と提携する。中部電力が卒FIT電力を買い集め、イオンはそこから電力を調達し、店舗運営における再エネ比率を高めていくという。卒FIT電力を、イオンの「WAONポイント」と交換できるというのもユニークだ。



4月15日、卒FIT電力買取サービスを発表した積水化学工業は、蓄電池の有無で買取価格に変化をつけた。太陽光パネルのみの場合は9円/kWh、太陽光パネルと蓄電池がセットの場合は12円/kWh。価格差を設けることで、蓄電池のある暮らしを広めていきたい考えだ。なお、買取対象はセキスイハイム邸の卒FIT電源。電力販売先は積水化学グループ工場および他のセキスイハイム邸となる。買い手と売り手を自社ネットワーク内に限定することで、高い買取価格を実現しているといえるだろう。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. 原発が全停止目前!? 電力会社は再エネ発電に移行となるか(前編)
  4. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  5. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 原発が全停止目前!? 電力会社は再エネ発電に移行となるか(後編)
  8. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース