注目キーワード

政策・マーケット

J-クレジット「再エネ発電」への人気上々。 卒FITも特例で認証へ

2020年1月のJ-クレジット第8回入札は、「再エネ発電」への需要の高まりがはっきりと現れる結果になった。「省エネ他」と異なり値下がり傾向で、応札容量は募集枠の3倍近くにのぼった。運営委員会では、卒FIT太陽光のクレジット化への議論も大きな進展を見せている。

「再エネ発電」のニーズ高く
応札は募集容量の2倍以上

2月17日、J-クレジットの第8回入札販売の結果が発表された。第8回は、1月6日から10日の5日間に実施された。

J-クレジット制度とは、再エネ発電や省エネなどによる温室効果ガスの削減量を、国が「クレジット」として認証し、売買できる仕組みだ。認証されたクレジットは、温対法や省エネ法に活用したり、再エネによるクレジットはCDPなどの国際的な評価調査において報告することができる。

2018年1月の第4回以降は、クレジット種別を「再エネ発電」と「省エネ他」に分けて実施している。「再エネ発電」とは、個人の太陽光発電などに再エネによるクレジット等で、「省エネ他」とは、個人向けのコージェネレーション設備や電気自動車補助事業等で創出されたクレジットだ。今回の募集容量は、「再エネ発電」が20万トン、「省エネ他」が5万トンだった。

第8回の応札容量は、「再エネ発電」が59.2万トン-CO2、「省エネ他」が7.5万トン-CO2と、どちらも募集容量を大幅に超えた応札となった。

しかし、これまでと比較すると、「再エネ発電」の応札容量は、第6回が44.6トン-CO2、第7回が37.9トン-CO2から増加したことに対し、「省エネ他」は第6回が17.7トン-CO2、第7回が10.6トン-CO2と減少を続けている。

第8回の落札価格は、「再エネ発電」が1,851円/トン-CO2、「省エネ他」が1,473円/トン-CO2。2019年4月の第7回では、前者は1,801円/トン-CO2、後者は1,506円/トン-CO2であった。比較すると再エネ発電は50円/トン-CO2の値上がり、省エネ他は33円/トン-CO2の値下がりだ。「再エネ発電」クレジットへのニーズはこれからも高まりを見せそうだ。

卒FIT太陽光も認証に
パワコン等設置が条件

一方2月20日、第20回J-クレジット制度運営委員会が開催された。前回に引き続き議論されたのは、「卒FIT太陽光発電」によるクレジットの認証についてだ。

卒FITとは、固定価格買取期間の10年間の満了を迎えた家庭用太陽光発電設備だ。2019年11月以降、順次満了の案件が生まれている。

通常の認証の場合、2年以内に導入された設備によって創出されたクレジットが対象だ。これは「2年前ルール」と呼ばれている。つまり、2年より以前に導入された設備は対象とならず、卒FIT案件は10年前の設備導入であるため対象外とされてきた。

しかし、卒FIT案件であっても、太陽光発電の自家消費によるCO2削減効果はあるとして、委員会ではクレジット認証を例外的に認める議論を重ねてきた。

今回の委員会では、「追加的な設備投資」がプロジェクト登録申請日からさかのぼって2年以内になされている場合、登録を認めることが決定した。「追加的な設備投資」とは、出力制御対応機能付きパワーコンディショナー(パワコン)、蓄電池、電気自動車(プラグインハイブリッド車含む)、貯湯槽付きヒートポンプ(エコキュート)のいずれかだ。

認証対象となるのは、卒FIT電源の自家消費分の全量、買取期間は8年間の1回限りとなった。

DATA

J-クレジット制度運営事務局


文/山下幸恵(office SOTO)

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 4月27日、zoom開催決定!太陽光の新たな価値がわかる「PVビジネスセミナー」...
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 再エネ賦課金の2021年度単価が決定。再エネの自給自足に向け機運高まる
  9. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる
  10. 太陽光発電プロジェクト入札「世界最低価格」が更新

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース