政策・マーケット

環境省「第1回ESGファイナンス・アワード」 花王など金賞7社

ESG経営に積極的に取り組む金融機関などを表彰する「ESGファイナンス・アワード」。環境省が主導し、第1回目の表彰式が2月、都内で開催された。金賞の7社には、CDP回答企業、RE100メンバーなどが名を連ねる。ESGという概念が、スタンダードになりつつある。

「環境・社会・ガバナンス」重視
投資家、融資など5部門で評価

「ESGファイナンス・アワード」とは、ESG金融の普及・拡大を目的に、環境省が2019年10月に創設したものだ。

ESG金融やグリーンプロジェクトに積極的に取り組み、環境・社会に優れたインパクトを与えたとされる投資家や金融機関など、また、環境に関する機会とリスクを経営戦略に落とし込み、企業価値につなげている企業などを表彰する。

ESGファイナンス・アワードは、次の5つの部門に分かれて審査される。①投資家部門、②融資部門、③金融サービス部門、④ボンド部門、⑤環境サステナブル企業だ。

ESG経営とは、「Environmental(環境)」「Social(社会)」「Governance(企業統治)」のそれぞれにおいて、適切に対応することで企業の成長につなげ、持続可能な社会の形成を目指すもの。

2010年ごろから機関投資家を中心に広がった考え方で、社会や環境を意識した経営がリスクが少ないと同時に、リターンも高いとされている。

金賞の7社にはRE100企業も

第1回の金賞受賞者は、環境サステナブル部門で花王、キリンホールディングスの2社。両社は、2019年のCDP気候変動レポートにおいて、ともにAランク入りを果たしている。

いずれもESG経営を長期ビジョンなどと統合し、日々の企業活動の中にPDCAサイクルなどとして組み込まれていることが高く評価された。

また、投資家部門では、第一生命保険とニッセイアセットマネジメントが金賞を受賞した。

再生可能エネルギー関連の投融資や、SDGsに着目したファンドの設定が評価されている。第一生命保険は、事業活動で使う電力を100%再生可能エネルギーとする国際イニシアチブ「RE100」の加盟企業だ。

ボンド部門では、同じくRE100に加盟する芙蓉総合リースが金賞に選ばれた。

受賞理由として、中小企業向けのRE100と呼ばれる「再エネ100宣言RE Action」への参加を促進するファイナンススキームが挙げられている。

他にも、金融サービス部門では、S&Pダウ・ジョーンズインデックス、融資部門では三井住友信託銀行がそれぞれ金賞を受賞した。

DATA

環境省 プレスリリース


文/山下幸恵(office SOTO)

関連記事

アクセスランキング

  1. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  4. コロナ禍で広がる経済への影響。世界と再エネの展望は「安全、安心」が開く...
  5. まるでスクーター! オランダ発、屋根上パネル搭載の小型EVが登場!
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  8. “コロナ後”の日本を変えるのは「地域の具体策」である
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース