注目キーワード

政策・マーケット

経産省の中小企業向け「事業再開支援パッケージ」、5月22日から受付中!

5月25日、緊急事態宣言が全ての都道府県で解除された。2ヶ月弱に及ぶ異例の状況で、影響を受けた業界は多岐にわたる。政府は、企業の事業再開を後押しするため、補助事業の支援内容をさらに拡大した。“ウィズコロナ”というビジネスのあり方を模索する第一歩だ。

緊急事態宣言の解除受け
中小企業の事業再開をサポート

経済産業省が5月22日、新型コロナウイルス感染症による影響を早期に乗り越えるため、中小企業向けの支援策を強化した。緊急事態宣言の解除を受け、事業再開が本格化することから実施に踏み切った。具体的には、補助事業の支援内容を拡充した「事業再開支援パッケージ」を策定し、同日から受付を開始した。

これは、同省が従来から実施している「小規模事業者持続化補助金」「ものづくり・商業・サービス補助金」「サービス等生産性向上IT導入補助金」における『特別枠』として、事業再開を後押しする支援策をさらに強化したものだ。

(出典:経済産業省)

 

補助率の引き上げや上乗せ
テレワーク支援なども含む

『特別枠』では、「類型B:非対面型ビジネスモデルへの転換」と「類型C:テレワーク環境の整備」の補助率が、3分の2から4分の3に引き上げられる。

非対面型ビジネスモデルへの転換とは、自動精算機やキャッシュレス決済端末の導入、店舗販売からオンラインでの販売へのシフトなどを指す。テレワーク環境の整備としては、WEB会議システムの導入などが例として挙げられている。

また、「小規模事業者持続化補助金(特別枠・通常枠)」と「ものづくり・商業・サービス補助金(特別枠)」において、定額補助・補助上限50万円の事業再開枠に上乗せされる。対象となる経費は、業種ごとの感染拡大予防ガイドラインなどに沿った、感染症対策にかかる費用だ。消毒、マスク、清掃、間仕切り、換気設備の購入費用といった例が示された。

各補助金の公募締切は、以下の通り。

・持続化補助金: 3次締切は10月、4次締切は2月予定
・ものづくり補助金:3次締切 8月3日(月)
・IT導入補助金:応募締切 6月12日(金)、6月26日(金)、7月10日(金)

なお、ものづくり補助金については、新型コロナ感染防止対策費用は、5月14日までさかのぼって適用の対象となる。



DATA

経済産業省プレスリリース:中小企業生産性革命推進事業による「事業再開支援パッケージ」を策定しました


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. 雑草対策の切り札「防草シート」の性能を支える施工品質へのこだわりとは?...
  4. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  5. 2020年はコロナによる影響も? 世界の太陽光発電導入量に関する見通し
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  8. 【台風19号】水没した太陽光パネルは感電の危険性あり 処理する際の注意点は?...
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース