注目キーワード

政策・マーケット

日本の温室効果ガス削減目標、2030年に46%。EUや米国も大幅な引き上げ

菅首相は、2030年の温室効果ガスの削減目標を2013年と比べ46%とすることを決めた。パリ協定から6年経ち、これまでの26%減という目標から20ポイント引き上げた。世界各国と足並みを揃え、脱炭素化社会をリードしたい考えだ。

2030年の削減目標は46%に
気候サミットで各国も引き上げ

4月22日、菅首相は、2030年の温室効果ガスの削減目標を2013年比で46%とすることを発表した。同日の第45回地球温暖化対策推進本部の開催後に明らかにした。また、菅首相は「50%の高みに向けて挑戦を続けてまいります」とも述べた。

発表と同日、アメリカ主催の気候サミット「Leaders Summit on Climate」がオンラインで開催された。このサミットでは、世界各国が2030年の温室効果ガス削減目標を新たにした。EUは40%から55%以上(1990年比)、アメリカは26~28%から50~52%(2005年比)と、今年11月に開催予定のCOP26を念頭に、各国ともパリ協定の目標を大きく引き上げた。

パリ協定から20%のアップ
IPCC特別報告書とも整合か

2015年のパリ協定では、日本の温室効果ガスの削減目標は2013年度比で26%とされていた。今回の新たな目標は、これに20ポイント積み増しした格好だ。

また、国際的な気候の専門家によるIPCC(気候変動に関する政府間パネル)は、2018年の『1.5℃特別報告書』において「CO2排出量が2030年に45%削減される必要がある」としている。

菅首相は、記者団からの46%減とした理由を質問されると、地球温暖化対策推進本部を受けての決定であると答え、世界の世論をリードする意気込みを示した。目標達成のための原発再稼働については「省エネ、再エネを中心に、大胆に対策を行っていきたい」と語った。

DATA

令和3年4月22日 地球温暖化対策推進本部


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光発電所の「リパワリング」が変わる! 集中型から分散型へ、パワコンをリプレース...
  2. ライセン、N型HJTモジュールを市場投入。PPA事業、案件開発、海外進出もサポート...
  3. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  4. 新・自家消費時代の大本命── トライブリッドにしかできないこと
  5. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  6. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  7. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...
  8. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  9. 2022年度からの「オンライン代理制御」で何が変わる?  低圧含め5エリアで開始か...
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.42 | ¥0
2022/7/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース