注目キーワード

政策・マーケット

IPCCの第6次評価報告書、人間活動が温暖化の主因「疑う余地がない」

IPCCが、第6次評価報告書(AR6)の第一弾となる第1作業部会(WG1)の政策決定者向け要約を発表した。注目は、温暖化の主因が人間活動であると初めて明記した点だ。パリ協定の「2℃目標」の達成に関する厳しい見通しも明らかになった。

温暖化の主因は人間活動
第6次評価報告書で初めて断定

8月9日、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が第6次評価報告書(AR6)を発表した。評価報告書とは、5~7年おきに発行される気候変動に関する事実を明らかにするレポート。今回、自然科学的根拠を取り扱う第1作業部会(WG1)の政策決定者向け要約(SPM:Summary for Policymakers)が発表された。

第6次評価報告書のSPMには「人間の影響が大気、海洋及び陸域を温暖化させてきたことには疑う余地がない」と明記された。温暖化の原因が人間活動であると断定した点がポイントだ。というのも、これまでは、人間活動が主要因である可能性が高いとするものの、断定は避けられてきたからだ。

SPMで示された、1850~2020年の世界平均気温の変化は次の通り。実際の観測値と人間活動がない場合を想定したシミュレーションを比較し、人間活動が気温変化にもたらした影響を示した。


(出典:環境省『気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第 6 次評価報告書 第 1 作業部会報告書(自然科学的根拠)』)

「2℃目標」に厳しい見通し
達成にはCO2削減の加速が必要

2100年までの気温変化の予測については、CO2削減量に応じた5つのシナリオによるシミュレーションを行った。このシミュレーションによると、今後数十年間にCO2を大幅に削減できなければ、2100年までに気温上昇が2℃を超えるとした。


(出典:環境省『気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第 6 次評価報告書 第 1 作業部会報告書(自然科学的根拠)』)

また、温暖化に伴って、極端な高温や海洋熱波、大雨、干ばつの頻度と強度、強い熱帯低気圧の割合なども拡大するとした。

第6次評価報告書は、今後、影響や適応・脆弱性に関する第2作業部会、緩和策に関する第3作業部会を経て、2022年9月に統合報告書が提出される見通しだ。今回のSPMが、今年11月に控える国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)にどのような影響を与えるか、注目が集まる。

DATA

環境省 報道発表資料


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  3. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  4. 急拡大する地熱発電、「日本のポテンシャルは世界3位」海外研究機関が太鼓判...
  5. 9月13日(月)Zoom開催決定! 太陽光のアセスメントを考える「PVビジネスセミナー」...
  6. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 未稼働案件のFIT認定失効制度、運転開始期限を見直し。太陽光以外にも適用...
  9. 第6次エネルギー基本計画の素案まとまる! 2030年エネルギーミックス暫定版も提示...
  10. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.38 | ¥0
2021/7/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース