注目キーワード

政策・マーケット

「市場連動型料金メニュー」のデメリットも需要家へ説明を。経産省が指針を改正

2020年末のJEPX高騰では「市場連動型料金メニュー」を契約していた需要家の電気料金が急騰したことが問題視された。昨冬の市場高騰から約1年が経った11月、経済産業省は小売電気事業者に対し「市場連動型料金メニュー」のメリットだけでなく、デメリットも需要家へ説明するよう指針を改定した。

昨冬のJEPXトラブル教訓に
デメリットの説明も求める

「市場連動型料金メニュー」とは、電気料金の単価が日本卸電力取引所(JEPX)の市場価格に連動する電気料金メニューだ。JEPXの市場価格が低いときは電気料金も安いが、市場価格が高騰すると電気料金も連動して高くなる。

経済産業省は11月15日、小売電気事業者に対し、この市場連動型料金メニューについて需要家に十分説明を行うよう「電力の小売営業に関する指針」を改定した。この指針は、小売電気事業者が守るべき需要家への説明義務のほか、営業上の望ましい行為や問題となる行為も定めている。

今回の改定では、市場連動型料金メニューのメリットだけでなくデメリットも説明するよう求めた。過去の高騰の事例を説明するなど、需要家にわかりやすく伝えることが望ましいとされた。背景には、需要家が電気料金メニューについて公平に判断できるような情報提供を十分に行うことで、昨冬のようなトラブルを避ける考えがある。

省エネの情報提供でランク付け
電力・ガス会社選ぶ新たな指標に

2022年4月からは、省エネの情報発信の取り組み内容でエネルギー小売事業者をランク付けする「省エネコミュニケーションランキング制度」が始まる見通しだ。エネルギー小売事業者とは、小売電気事業者のほか都市ガスやLPガス会社などを指す。

省エネコミュニケーションランキング制度では、エネルギー小売事業者が需要家に対し、省エネの情報発信をどれくらい行っているかを評価・採点し、星の数でランク付けする。毎月の電気・ガス使用量の前年同月との比較や、具体的な省エネ方法の情報提供などについて評価される。

(『省エネコミュニケーションランキング制度』のロゴの記載例 出典:経済産業省)

経産省がこの新制度をスタートするのは、省エネに積極的なエネルギー小売事業者を需要家が選択することで、エネルギー消費量全体を効率化したい考えあるからだ。2030年に温室効果ガス削減量46%という目標に向け、今後もさまざまな制度の見直しが予想されるとともに、小売電気事業者は需要家とのコミュニケーションをより充実させるよう求められている。

DATA

経済産業省「電力の小売営業に関する指針」
2021年度第2回 エネルギー小売事業者の省エネガイドライン検討会


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 2022年夏・冬の電力需給は依然厳しく。節電要請や計画停電も検討、経産省...
  2. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  3. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  6. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 「バーチャルPPA」とは? その仕組みやメリット、制度の動向を解説!
  9. アセットマネジメントを日本の太陽光市場に根付かせる。
  10. 不完全な電力市場が価格高騰の元凶。道理にかなった細事こそ展望を開く

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.41 | ¥0
2022/4/28発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース