スマート関連

再エネ市場を変える『ブロックチェーン電源』とは?

IoTやAIで解決
安価なやり取りが可能

再エネは、常に発電量のコントロールが難しいというリスクを背負っている。日照時間や風量は人間がコントロールできず、発電量が多すぎたり少すぎたりすれば、送電網に負荷がかかるというリスクがある。特に日本の太陽光発電は、急速に普及しすぎた反動で電力会社が出力抑制をするといった問題も起こった。

この問題を、IoTやAI(人工知能)などの技術とブロックチェーンを組み合わせることで解決できるという。つまり、地域エネルギーの生産と利用、その他に送電網から生じる需要予測や天気予報といった関連データのリアルタイム計測を提供することで、ユーザーは市場でエネルギーを透明かつオープンに交換することができる。こうした取り組みが、米ニューヨークのブルックリン地区では始まっているようだ。

また、オーストラリアのPower Ledger社は、2016年12月、同国初となる「ブロックチェーン電源」という住宅電力取引市場の立ち上げを発表した。この市場で、既存の配電網に接続された住居や商業開発、またはマイクログリッド内で生産された余剰電気を販売していくという。

こうした取り組みの先には、コミュニティの住民が、電力の生産者(プロデューサー)であるとともに消費者(コンシューマー)でもあるという、いわゆる「プロシューマー」(生産消費者)になる未来が見えている。ビットコインが浸透すれば、送電網の負荷を増やすことなく、また電力会社を介することなく、消費者が生産した再エネを同じコミュニティの消費者とより安価にやりとりできるようになる、そんな可能性を秘めているのだ。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 自治体新電力が巨大都市と連携!? 「久慈地域エネルギー」の事例
  2. 太陽光発電8設備が初の「FIT認定取り消し」 申請せずに発電事業を実施
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 2019年度のFIT調達価格は14円/kWh! 前年度から2割超の大幅減額に!
  6. 重要なのは「安売り」ではない? 自治体新電力が生き残るポイントとは
  7. 4/16(火) 次世代パワエレシンポジウム+PVビジネスセミナー 同時開催!
  8. 「2019年問題」専用サイト開設! エネ庁が注意喚起と情報提供
  9. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  10. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース