注目キーワード

スマート関連

EV市場を中国が席巻 「世界のトヨタ」が時代遅れに

太陽光発電で世界をリードする中国。その勢いは、ついに自動車産業にも。2016年、電気自動車(EV)で中国が世界トップシェアに躍り出た。EVの未来は、そして、日本の自動車産業はこの現状にどう向き合っているのか? 市場動向を再エネの達人、村沢先生に聞いた!

太陽光発電でもEVでも
中国が世界をリード

太陽光発電で世界をリードするのは中国。パネルもパワコンも、ともに世界1、2位を占めている。設備の年間導入量でも累計設置容量でも世界一だ。その中国の次のターゲットは電気自動車(EV)。

国際エネルギー機関(IEA) によると、2016年の世界の電動車(EV+PHV、バス、トラック、特殊車両を除く)の販売台数は約75万台。そのうち中国が33万台強でダントツの1位。世界全体の44%を占めた。

「国別EV/PHV販売台数」はコチラ

今、世界の自動車産業は一斉にEVに向かって舵を切っている。2017年7月6日、フランスは、2040年までに国内におけるガソリン車およびディーゼル車の販売を禁止すると発表した。7月26日にはイギリスが同じ内容の発表を行った。1番先鋭的なのがノルウェーで、同じことを2025年までにやるという。

2025年と言えばあとわずか8年。そんなことが可能なのかと思うが、恐らく実現するだろう。ノルウェーでは新車の販売台数に占める電動車の割合がすでに30%を超えているからだ。

12>

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光発電所の「リパワリング」が変わる! 集中型から分散型へ、パワコンをリプレース...
  2. ライセン、N型HJTモジュールを市場投入。PPA事業、案件開発、海外進出もサポート...
  3. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  4. 新・自家消費時代の大本命── トライブリッドにしかできないこと
  5. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  6. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  7. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...
  8. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  9. 2022年度からの「オンライン代理制御」で何が変わる?  低圧含め5エリアで開始か...
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.42 | ¥0
2022/7/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース