スマート関連

無電化地域の「キオスク」、電力はもちろん太陽光!

最新のソーラー技術で世界を変える!今回はドイツ・ベルリンで生まれたプレハブキットをご紹介。モバイル端末の充電から、医療現場での活用まで、幅広い用途で利用されている優れものだ。

11ヶ国で活躍中!
ソーラーパネル付きのプレハブキット

電力インフラの乏しい地域に向けて独ベルリンで開発された「ソーラーキオスク」は、太陽光を活用したエネルギー自律型のプレハブ建物。屋根に設置されたソーラーパネルで発電し、この電力を使ってモバイル端末の充電サービスやWiFiサービスなどを提供する仕組みだ。

モジュール式のため設置場所の大きさや用途に合わせて調整できるのも特徴。2012年にエチオピアで初めて建設されて以来、これまでに11ヶ国で展開されており、ポップアップショップから、緊急の医療センターや避難所など、様々な用途で活用されている。

Data

SOLARKIOSK

 

関連記事

アクセスランキング

  1. 【最新】太陽光関連事業者の倒産・負債総額 最多に
  2. 【速報】太陽光発電の「入札」結果が明らかに!
  3. 次にくる太陽光ビジネス7つの事例
  4. 71市町村がエネルギー自給率100%超!
  5. FIT「事後的過積載」NG 増設分はどうしたらいい?
  6. 2017年度、これが新FIT買取価格だ!
  7. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  8. 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」2/8開催
  9. あなたは知ってる? 小形風力発電の3つの注意点
  10. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.23 / ¥0
2017年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース