スマート関連

無電化地域の「キオスク」、電力はもちろん太陽光!

最新のソーラー技術で世界を変える!今回はドイツ・ベルリンで生まれたプレハブキットをご紹介。モバイル端末の充電から、医療現場での活用まで、幅広い用途で利用されている優れものだ。

11ヶ国で活躍中!
ソーラーパネル付きのプレハブキット

電力インフラの乏しい地域に向けて独ベルリンで開発された「ソーラーキオスク」は、太陽光を活用したエネルギー自律型のプレハブ建物。屋根に設置されたソーラーパネルで発電し、この電力を使ってモバイル端末の充電サービスやWiFiサービスなどを提供する仕組みだ。

モジュール式のため設置場所の大きさや用途に合わせて調整できるのも特徴。2012年にエチオピアで初めて建設されて以来、これまでに11ヶ国で展開されており、ポップアップショップから、緊急の医療センターや避難所など、様々な用途で活用されている。

Data

SOLARKIOSK

 

関連記事

アクセスランキング

  1. 10/22開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  2. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  3. O&Mは「資産価値向上」がポイント! セカンダリー市場で求められること
  4. 注目の「太陽光発電+蓄電池」イベントが、10月29日から大阪で開催!
  5. ISEP飯田氏が紐解く「再エネのパラダイムシフト」新たな対立とは
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  8. 水上太陽光発電市場、ポテンシャルは「無限大」!?
  9. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
  10. 【講演ダイジェスト】FIT10円台・送電線空き容量問題 再エネビジネスの明日
アクシア SMA Jinko Solar LONGi SOLAR

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.26 / ¥0
2018年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース