スマート関連

家で発電したい人必見!超オトクに自家発電できる強い味方

蓄電池は「貯める」から「使う」へ! 連載企画「未来への鍵 蓄電池」Part.2は、再エネ分野で世界的に注目されている蓄電池市場について、専門家である村沢義久・立命館大学大学院客員教授が現状と未来を分析する。

太陽光発電の救世主は「テスラ革命」

今年のIntersolar Europe(ドイツ、ミュンヘン)で、私が特に注目したのは、テスラの定置型蓄電池「パワーウォール(PowerWall)だ。「電気自動車のテスラが蓄電池?」と思う人もいるかも知れないが、世界の再エネ、特に太陽光発電普及の力強い推進役となりそうなのだ。

日本における2014年の年間新規導入量は、900万kWを超えたようだ。「夢の1000万kW」も視野に入る。また2014年末時点で累計導入量2000万kWを超えた。

また、事業用太陽光発電(10kW以上)の買取価格が27円まで下がった。しかし、実際にその影響が現れるのは、少し先になりそうだ。本年3月時点の累計設備認定量8300万kWのうち、事業用(10kW以上)の40円案件が1900万kW、36円案件が4400万kWもあるからだ。つまり採算性の悪い27円案件にはまだ手をつけないで済みそうなのだ。

さらに、即時償却の終了については、グリーン税制に代わって、「生産性向上投資促進税制」による即時償却の活用が始まり、太陽光発電の経済的魅力が維持されそうだ。もちろん、買取価格は毎年下がるので、対応が必要だが、多くの業者が、着々とコスト削減を進めている。

となれば、太陽光ブーム継続にとっての問題は、電力会社による「継続拒否」だけ、ということになる。ならば、系統に接続しない「自産自消」の電力システムに移行しようではないか。

売電するより自家消費の方が
お得な時代に

事業用太陽光発電が全量買取であるのに対し、家庭用は、「余剰買取」である。すなわち、まず、家庭で自家消費をし、残りを電力会社に売る、という制度だ。

現在の買取制度が導入された2012年には、家庭用太陽光発電の買取価格42円に対し、電力料金は24円程度であった。つまり、18円もの価格差があったので、自家消費を抑え、できるだけ多く売電した方が得であった。

しかし、2015年度の買取価格は、33円(出力抑制機器を設置しない場合)まで下がり、対する家庭用の電力料金は平均して30円程度まで縮まったのだが、近い将来にはその差がマイナス(逆ザヤ)になる。そうなると、これまでとは逆に、売電量を減らし、できるだけ多く自家消費した方が有利になる。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  2. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 住宅用太陽光に新機軸、パネル1枚からでも設置可能に!
  8. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  9. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に
  10. FIT買い取り期間終了後はどうなる? 再エネ自立化へ向け自家消費が牽引
  アンプトジャパン ソーラーエッジ タイゴエナジー ジンコソーラー ライセンエネルギー  

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース