スマート関連

経済産業省が実現と普及に注力する「ZEB」って何?

経済産業省は、2030年までに新築建築物の平均での「ZEB(ゼブ)」実現を目標に掲げている。そもそも「ZEB」って何?

省エネや再生可能エネルギーの利用で
建物のエネルギー消費を正味ゼロに

地球温暖化が加速する今、CO2の削減に貢献する建築物「ZEB(ゼブ)」が注目されている。

「ZEB」とは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル」の略。建築物におけるエネルギー消費量(又はCO2排出量)を、建築物・設備の省エネ性能の向上と敷地内の再生可能エネルギーの活用等により削減し、年間でのエネルギー消費量(又はCO2排出量)がネット(正味)でゼロとなる建築物。

住宅やオフィスビルなどの建築物で消費されるエネルギーの量は、世界で消費される全エネルギーのうち約1/5を占めるといわれている。地球温暖化防止だけでなく、建物の利用者からみても光熱費削減がメリットだ。また、災害時でも少ないエネルギーで運用できるため、建築物の機能が維持しやすい。

2017年4月には「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)」が全面施行された。これによって2,000平方メートル以上の非住宅建築物の建築主は、省エネ基準の適合義務が求められる。

静岡県東部で建築資材商社、製造業、建設業を展開する植松グループは、エネルギー削減率110%の新本社を建設。2018年1月に竣工し、BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)評価認定においても「ZEB」認定を取得している。
今後、ますますZEBの普及に向けた整備が進んでいく。要注目だ。

太陽光パネルを75kW設置した植松グループの新本社

問い合わせ

植松グループ
TEL:055-922-7811
HP:植松グループ

関連記事

アクセスランキング

  1. ソニーが「RE100」に加盟! 2040年までに100%再エネ化を目指す
  2. 一般海域占有期間が最長30年に! 洋上風力発電の新法案とメリットとは
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. 4.5GWのソーラーエネルギーを欧州へ輸出! サハラ砂漠の新プロジェクト
  5. 世界が目指すサスティナビリティ「RE100」加盟には意外な効果も
  6. 『第5次環境基本計画』にソーラーシェアリングの推進が明記!
  7. 第2回入札は「落札者なし」前回の全社落札から一転、その理由は?
  8. 再エネ100%達成率はダントツ! RE100の発祥地・欧州の実力
  9. 10/22開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  10. 簡易アセスの導入を合理的に進める3つの方法とは?
関西スマートエネルギーWeek2018 国際 次世代農業EXPO

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.26 / ¥0
2018年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース