スマート関連

日産リーフの成功のその先へ。目指すは電動駆動車100万台!

世界中が地球温暖化の元凶となるCO2排出量規制の強化に動いている。今後は電動化なしに自動車メーカーは生き延びることができない。勝ち抜くために日産自動車は大胆な目標を掲げ、実現を目指す。

22年度までに
年間100万台を販売

2017年秋に発売した第2世代のリーフが好調な日産自動車は中期計画「日産MOVEto2022」の一環として、電動駆動車と自動運転技術の拡充、およびコネクティビリティの加速に向けた計画を発表した。また、22年度までにEV(100%電気自動車)とハイブリッドシステム「e-POWER」搭載車を合わせて年間100万台を販売することを目指しているとも述べている。

日産のチーフ・プランニング・オフィサーであるフィリップ・クラン氏は「電動化、自動運転、コネクティビリティと新モビリティサービスという3つの中核的要素を網羅する『ニッサン・インテリジェント・モビリティ』をユーザーに提供する取り組みを行う」と語り、6ヶ年計画も口にした。

EVは新たに8車種を開発し、中国にはEVを積極的に投入する。その中には東風汽車集団との合弁会社で開発し、手頃な価格で発売するEVも含まれているようだ。それだけではない。日産の中国合弁である東風日産乗用車公司が展開するヴェヌーシアブランドから、2車種の派生型EVを発売する計画も進行している。

日本には軽自動車クラスのEVを送り込む予定だ。また、東京モーターショーに出品したIMxコンセプトカーを発展させたグローバルなクロスオーバーEVの開発も進んでいる。もちろん、電動駆動車の多くを占めるのは「e-POWER」搭載車だろう。だが、世界中の流れがEVに向いているから比率は大きく増えるはずだ。

最新EVコンセプト ニッサン IMx KURO

IMxを進化させた「IMx KURO」のインテリアは伝統的な日本家屋の空間がモチーフ。

高出力モーター2基を前後に配したツインモーター4WDを採用し、GT-Rよりパワフル。

自動運転や電動化など、コネクテッドカーの技術を通して安全で便利、ワクワクする走りを提供する。


取材・文/片岡英明

 SOLAR JOURNAL vol.25(2018年春号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 2019年度のFIT調達価格は14円/kWh! 前年度から2割超の大幅減額に!
  2. 電力7社が中部電力へ送電、天気予報より日射量・気温ともに低下
  3. 屋根上太陽光発電はブルーオーシャン!? 導入済みの工場は少ない
  4. セカンダリー取引で有利になる、太陽光発電所の”リパワリング”とは?
  5. 〈終了〉2019年1月16日開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  6. 屋根上ソーラーに最適! 耐久性抜群の高品質太陽電池モジュール
  7. 再エネによる資産形成のヒントは「資産運用EXPO」でみつけよう!
  8. 目指すは「日本市場シェアNo.1」大手モジュールメーカーの展望
  9. パネル1枚から設置可能! 小規模&自家消費向け『マイクロソーラー』登場
  10. 太陽光発電と音楽が融合!? 中津川の「再エネ・フェス」が大盛況!
ENEX2019(エネックス 2019) 株式会社エーピーシーメンテナンス 日本BSL株式会社 フリアーシステムズジャパン株式会社 LONGi SOLAR

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース