注目キーワード

スマート関連

“ホンダe” これまでにない新しい価値を提供する楽しいEV

人とクルマと社会がつながる、さまざまなシームレスライフを創造してもらいたい、との願いを込めて登場した都市型コミューターがホンダeだ。先進のテクノロジーで人とクルマの新しいつながりを実現し、運転中だけでなく停まっているときもワクワクさせる。これまでのEVにはない魅力を探ってみよう。

これまでのEVにはない
ホンダeの魅力

ホンダが初めて送り出した量産バッテリーEVがホンダeである。特徴のひとつは、モダンでありながら親しみやすい台形デザインだ。フィットよりコンパクトサイズだが、遠くからでも強い存在感を放っている。ドアハンドルはポップアップ式とし、小さなサイドミラーにはカメラシステムを内蔵した。 


ワイドスクリーンとメータースクリーンを連続する一面のパネルのように大胆にデザイン。両端のモニターにはサイドカメラの画像を映し出す。

リビングを感じさせるインテリアも衝撃的で、目を奪われる。インパネには世界で初めて5つのスクリーンを水平配置し、真ん中の2つの画面は入れ替えができるようにした。一番外側にはサイドカメラミラーのモニター画面を標準装備。画像も鮮明だ。

また、常にインターネットに接続するコネクティビティも魅力のひとつと言えるだろう。排気ガスを出さないEVならではのクリーンな室内で、アクティブな時間を過ごすことができる。 


フロントと同じデザインと機能を集約したリアビュー。キーやスマートフォンで遠隔操作でき、近づくだけでドアロックを解除できる。

ホンダeは後輪駆動だから取り回しに優れ、Uターンも車庫入れも自在だ。バッテリー容量を35.5kWhと割り切っているため、航続距離はリーフなどのライバルに及ばない。WLTCモードで航続距離は最大283kmにとどまっているが、キビキビとした走りを見せるし、停まっているときでさえ楽しい。シンプルだが、ホンダらしい最先端を行くEVなのだ。


ボンネット中央に設けた黒いガラス製のリッドを開けると充電・給電ポートが現れる。ヘッドライトは明るいLEDで、その表情も愛らしい。人に近いパートナーのような存在にしたいとシンプルでモダンなデザインにした。世界で初めてサイドミラーカメラを標準装備している。

DATA

【販売価格】
ホンダe 451万円
ホンダeアドバンス 495万円
(メーカー希望小売価格・税込)


取材・文/片岡英明

SOLAR JOURNAL vol.35(2020年秋号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  6. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  7. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  8. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる
  9. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  10. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.37 | ¥0
2021/4/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース