注目キーワード

スマート関連

日産が、カーボンニュートラルに向けたEV推進ビジョン「EV36Zero」を発表!!

世界中でカーボンニュートラルや脱炭素化への動きが活発化。日本勢は後れをとったと見られていたが、リーフを50万台以上生産した実績を持つ日産は、EV生産のエコシステムを構築する新ビジョン「EV36Zero」を公開。大規模な投資と雇用拡大に動き出すとともに、新世代のクロスオーバーEVの生産も発表。

メイン画像:登場から10年、世界各国で愛され、50万台を超えるリーフがユーザーの手に渡った。日産は、風力発電や太陽光発電も使い、究極のエコを目指す。

EV推進ビジョン「EV36Zero」

2021年7月1日、日産はカーボンニュートラルを加速させるEV推進ビジョン「EV36Zero」を発表した。英国のサンダーランド工場を中心に、CO2を出さないゼロエミッションに向けて、新たに360度のソリューションを確立していく。


サンダーランド工場に隣接する工業団地に、エンビジョンAESC社は再生可能エネルギーで稼働する英国初のギガファクトリーを建設。EVの実力を左右する電池の生産を行う。

この革新的なプロジェクトには、日産とエンビジョンAESC社、そしてサンダーランド市議会によって10億ポンドが投資される。EVや再生可能エネルギー、バッテリー生産という相互に関連した3つの取り組みによって自動車業界の未来の青写真を描いた。壮大なプロジェクトだからこそ、サプライヤーを含め、多くの雇用を創出するという期待も大きい。

具体的には、アリアに続く新世代のクロスオーバーEVをサンダーランド工場で生産する。また、エンビジョンAESC社は英国工場の隣に新たな9GWhのギガファクトリーを建設し、2030年には最大25GWh、将来的には35GWhの電池を生産する予定だ。再生可能エネルギーを利用した「マイクログリッド」から100%クリーンな電力を工場に供給することも大きなニュースだ。


アリアに続く新世代のクロスオーバーEVは英国工場で生産される。公開されたのはイメージスケッチだけで詳細は不明だが、非凡な実力を秘め、デザインも美しいようだ。

これらに加え、EV用の電池をエネルギーストレージとして二次利用することで究極のサスティナビリティを目指す。「EV36Zero」発表時には、ボリス・ジョンソン首相がサンダーランド工場を訪問し、歓迎のコメントを述べた。日産も英国も本気だ。これからの事業展開に期待したい。


「EV36Zero」のビジョンを発表したときにサンダーランド工場を訪れ、祝辞を述べたジョンソン首相。


取材・文:片岡英明

SOLAR JOURNAL vol.38(2021年夏号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  5. カーボンニュートラル宣言から10ヶ月「なぜ脱炭素が必要なのか」原点に戻って考える...
  6. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  7. 太陽光発電、導入量米国No.1! カリフォルニア州の注目制度、CSIとは
  8. 改正温対法の「ポジティブゾーニング」とは? 許認可をワンストップとする特例も...
  9. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  10. 第6次エネルギー基本計画の素案まとまる! 2030年エネルギーミックス暫定版も提示...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.38 | ¥0
2021/7/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース