注目キーワード

スマート関連

ドイツ国際モーターショー2021では“EVニューモデル”が続々登場!

フランクフルトからミュンヘンに舞台を移し、新たな国際モーターショーが開催された。それが「IAA MOBILITY2021」だ。このショーの主役は、地球に優しいEV(電気自動車)や燃料電池車。注目を集めていたのは、近未来のEVコンセプトカーではなく、間もなく発売されるEVのニューモデルだった。

メイン画像:SUV風の力強いデザインが目を引くメガーヌE-TECHエレクトリック。日産の最新EV、アリアと基本的なメカニズムを共有している。 © Groupe Renault – Direction Design / Benoît CHIMENES

ヨーロッパ勢は
一気にEVへ

9月上旬に開催されたIAA(ドイツ国際モーターショー)モビリティ2021は、コンセプトカーだけでなくニューモデルもEVの独壇場だった。ドイツ勢と張り合うように、魅力的な新型EVを世界に初公開したのがフランスのルノーである。販売の主役となっているメガーヌをSUV風のデザインに仕立て、これにモーターとバッテリーを搭載したのが「メガーヌE-TECHエレクトリック」だ。

EVの先駆者である日産と親密な関係にあるルノーは、EVに関して高い技術力を持っている。このルノーは、実用性に秀でたEVをリーズナブルな価格で売り出し、成功を収めた。最新の「メガーヌE-TECHエレクトリック」も力作だ。専用のCMF-EVプラットフォームをベースに開発され、ボディサイズは日産のノートより少し大きい。バッテリー容量は40kWhと60kWhの2種類があり、最大航続距離は約470kmと発表されている。


モーターは2種類あり、バッテリー容量は40kWhと60kWh。V2G対応の充電機能も搭載した。 © Daniliuc Victor / Shutterstock.com

 


12.3インチのデジタルメーターや12インチのデイスプレイを並べた機能的なインテリア。 © Groupe Renault – Direction Design/Benoît CHIMENES

ドイツ勢ではBMWのコンセプトカーが話題をさらった。ライバルに先駆けてi3を発売したBMWが送り出した「iビジョン・サーキュラー」は、リサイクル材とバイオ原料のみを使用した100%リサイクルを可能とした画期的なEVだ。車体は再生アルミ材で、塗料も使わない。


未来のコンパクトカーの姿を提示した、100%リサイクル可能なBMWの「iビジョン・サーキュラー」。

ルノーは2025年までに24モデルをすべて電動化するし、BMWも一気に電動化に舵を切る。ヨーロッパ勢は本気だ。


取材・文:片岡英明

SOLAR JOURNAL vol.39(2021年秋号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 12月16日(木)メルパルク東京にて開催決定「第20回PVビジネスセミナー」
  2. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 低圧O&Mを変える「稼ぐ太陽光メンテ」とは?
  6. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  9. カーボンニュートラル宣言から10ヶ月「なぜ脱炭素が必要なのか」原点に戻って考える...
  10. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.39 | ¥0
2021/10/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース