スマート関連

大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!

電気自動車のテスラから、新タイプの家庭用リチウムイオン蓄電池が登場した。スリムでスタイリッシュなデザインでありながら、容量は従来の約2倍にパワーアップ。しかも、1kWhあたりの価格は、世界最安値クラスを実現している。

最大9台まで連結可能
壁掛け/床置き、両方OK

テスラモーターズの家庭用リチウムイオン蓄電池「パワーウォール2」が好評だ。テスラモーターズ(米)は電気自動車(EV)メーカーとして知られるが、2015年より家庭用蓄電池市場にも本格参入している。その蓄電池には、EVの主要パーツである車載用バッテリーの技術が活かされており、参入当初から大きな注目を集めてきた。

このほど発表されたパワーウォール2は、テスラとして第2世代となる家庭用蓄電池。第1世代のパワーウォールに比べて約2倍となる13.5kWhの大容量を誇り、出力も以前の約2倍(5kW)にレベルアップしている。万一の災害時にも、2LDK程度の家なら丸1日分の電力を十分に供給可能だ。また、これまで外付けだったインバーターが内蔵されたにも関わらず、サイズはH1150mm×W755mm×D155mmと薄型コンパクトに抑えられている。

注目すべきは、最大9台までの連結が可能であること。どんなに電気を使う家でも、連結数次第で余裕の蓄電システムを構築することができる。さらにパワーウォール2は、「壁掛け」「床置き」いずれにも対応可能となっており、レイアウトの自由度はいっそうアップした。筐体には防水防塵構造が採用されているので、設置場所は屋内外を問わない。また、水冷式冷却システムで内部温度を制御しているため、暑い日でも性能低下の心配はなく、気温マイナス20℃からブラス50℃まで正常に機能する。

sj_tsl20161118_02

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  2. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  3. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  4. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  5. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  8. 世界では「買取価格3円」も!? FIT低下で日本はどうなるのか(後編)
  9. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  10. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
 

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース