太陽光発電

発電量40%UP!? 注目の追尾式架台システムって!?

追尾式架台が発電量アップにつながるのは分かるけど、コストを考えると難しいのでは……、そんなイメージを覆す画期的な追尾式架台が登場した。

季節ごとの傾きにも対応
積雪対応モードも完備

2006年に設立された台湾のトッパーサンの、追尾式太陽光発電架台システム「iPV Tracker」がその発電効率の高さから注目を集めている。

5年前から効率アップのために、追尾式架台システムに注力してきた。通常の野立式では太陽光パネルは一方向にしか向いていないが、同社の架台なら太陽を追いかけて360度回転し、季節ごとの太陽の傾きにも対応する。

「他にも追尾システムはありますが、当社の「iPV Tracker」が最も優れていると思います」と自信をもって語るのは、同社会長の羅家慶氏。技術者でもある羅氏は、自ら開発に携わり、多くの特許を取得してきた。

PV EXPO2017会場で展示されていた追尾式架台「iPV Tracker」。

同社の「iPV Tracker」の特徴は、十字2軸、ワイヤー、バネ、リール、25Wモーターという簡単な構造になっていること。ホームセンターでも手に入るような部品を使っているため、油圧ポンプ式よりもメンテナンスコストが安く済む。また柔軟性が高く台風にも強い。

さらに、パソコンやタブレットで遠隔操作・監視も可能だ。発電に問題がないか赤信号、青信号で表示され分かりやすい。また積雪対応モードもあり、ボタン1つで架台が回転して積もった雪を落とすこともできる。

埼玉県のある顧客が「固定式と追尾式の発電効率を比べたい」と要望し、両方を設置した発電所を作った。そこでデータをとったところ、3ヶ月間で平均40%も発電効率がアップしたのだ。「朝8時くらいに発電のピークを迎え、そのあとは夕方までずっとピークの状態を保てます」(羅氏)。

固定式だと、太陽の向きによっては1つ手前にあるパネルによって影ができてしまう。だが、追尾式ではそうしたことがほとんど起こらない。架台の高さも2.46~4.5メートルと高く、洪水被害にも遭いにくいというメリットがある。

現在、日本国内で80ヶ所運用しており、もうすぐ100ヶ所に到達する。北海道から九州まで、全国で同社の「iPV Tracker」が活躍中だ。


トッパーサン会長の羅家慶氏。


株式会社トッパーサン・ジャパン日本支社
http://jp.toppersun-energy.com/


取材・文/大根田康介

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  5. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  6. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
  7. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  8. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  9. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  10. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース