太陽光発電

恵比寿の商店街とソーラー企業がタッグを組む!

4月下旬にはソーラー街路灯の設置を記念したセレモニーも開催され、商店会のメンバーも多数参加。順調にスタートを切ったソーラーハイブリッド計画について、恵比寿新栄会青年部の福地一也氏はこう語ってくれた。

「私たちが店を構えるこの街の防災対策の第一歩として、地元企業のジャパン・ソーラー・パワーさんと共に、この街路灯の新設に着手しました。これからきっと、たくさんの問題にぶつかるでしょう。

ですがそれを一つ一つ解決していくことが、新しい災害対策や省エネのカタチを生み出し、さらには街に暮らす人々の理解に繋がるのではと考えています。いまは法律では認められていませんが、いずれは、商店街のそれぞれのビルの屋上に太陽光発電を設置して、その電源を街路灯に利用したい。今回の設置は、その第一歩なのです」。

そしてセレモニーの当日は、渋谷区長の桑原敏武氏も出席。「渋谷区は費用を一銭も出していません。しかし、この計画を民間の力で成し得た事に驚きを隠せない」。スピーチの際に、こんな素直な感想を語っていたのが印象的であった。

ジャパン・ソーラー・パワーには、恵比寿銀座通りの試みの評判を聞いたその他の商店会からも、いくつかの問い合わせが来ているという。社会インフラとしての灯りは持続可能な太陽光で賄う。小さな商店街から発信する持続可能なこの動きは、全国に広がっていくはずだ。

太陽光発電で地域の活性化を図る!

住宅用&産業用太陽光発電、メガソーラーの事業と、総合的な太陽光発電を展開するパネルメーカー。モジュールには単結晶高純度シリコンを使用するなど、素材にこだわり、その品質は世界トップクラス。メガソーラー事業では、発電出力1.87MWの「四万十メガソーラーステーション」が、高知県四万十市双海で稼働中。さらに先日、千葉県にも新たなメガソーラー施設の建設が完了。他にもファンドチームを設立し、資金付きで提案・提供できる事業者支援の仕組みの構築や、コストパフォーマンスに優れた架台の開発にも力を入れている。


JSPの強み3ポイント
・10年補償
太陽光発電システムの正常使用における不具合には、保証書記載の保証条件に従い設置後、10年間無料で修理、または交換を行う保証体制を完備。さらに、モジュールの出力保証(25年、80%)も用意。

・施工・設置
定期的に施行研修会を実施。施工にはIDを所有する優れた技術者のみが担当する。メガソーラーや住宅用はもちろん、オフィスビル、マンション、学校、図書館、病院、自治体の公共など、特殊な形状の建設物への施工も可能。

・発電量
生産体制には、高い生産能力と限りなくロスの少ない標準管理システムを採用。さらに、KPI管理と規格コントロールシステムにより、高い変換効率を発揮する、コストパフォーマンスの高いシリコンセルを製造・開発する。


株式会社ジャパン・ソーラー・パワー
東京都渋谷区東3-14-16 KHOビル5F
TEL 03-6270-7490
jspower.co.jp

12

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 〈終了〉11/19(火)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 12/3(火)開催PVビジネスセミナー「主力電源化への展望と高効率モジュールの役割」
  7. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  8. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  9. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  10. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース