太陽光発電

太陽光のみで成層圏へ!? パネル付飛行機に注目だ!

2018年、人類がついに太陽光の力で宇宙へ飛び出す! 太陽光のみを動力として空を飛ぶ、ソーラー・ストラトスが2018年の試験飛行に向けて準備を進めている。世界が注目するこの実験が成功すれば、太陽光の可能性が更に広がるだろう。

再生可能エネルギーが飛躍する新時代の幕開けになるかもしれない。太陽光のみを動力として高度7万5000フィート(約23km)以上の成層圏を目指すソーラー・ストラトス。22㎡のソーラーパネルを翼に敷き詰めた2人乗り単発プロペラ機に、世界の注目が集まっている。

開発とデザインは独エレクトラ・ソーラー社のカリン・ゴロガン氏が担当。全長8.5m、全幅24.9m、重さ450kgの機体に変換効率22~24%の太陽電池セル、22kWhのリチウムイオン電池を搭載し、最大出力32kW/2200rpmのエンジンをつけて同機を飛ばす。

2018年には成層圏へ向けて飛びたつ予定のソーラー・ストラトス。

パイロットには発起人のラファエル・ドンジャン氏と共同操縦士のティエリ・プロジュー氏の2人が。そこに国際宇宙ステーションでの滞在経験を持つスペイン系アメリカ人宇宙飛行士マイケル・ロペス=アレグリア氏がフライト・ディレクターとして加わるなど、プロジェクトチームは各国のスペシャリストを集めた陣容だ。

予定飛行時間は約5時間。2時間かけて成層圏へ到達し、15分間成層圏を航行。その後3時間かけて降下する。軽量化のため機体の内部の加圧は行わず、操縦士は太陽光のみで作動する宇宙服を着用してコクピットに乗り込む。成層圏では摂氏マイナス70度の世界にさらされる。

最初の成層圏飛行は2018年! 太陽光がエネルギーの主流になる時は着実に近づいている。

Solarstratos公式ホームページ(英語)


文/Yukinobu Kato

写真/Creatorz Deitz

※『SOLAR JOURNAL』 vol.21より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 【台風19号】水没した太陽光パネルは感電の危険性あり 処理する際の注意点は?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 世界初、植物の光合成で大気を浄化! UK発の「バイオソーラーリーフ」って?
  8. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  9. アフターFITの世界で輝く「再エネの価値」とは?
  10. 11/19(火)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
 

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース