太陽光発電

太陽光、風力、海水を燃料に、船で世界一周の旅!

化石燃料に頼らず、どこまで行けるのか?辿り着く先はどこなのか?そこに一体何があるのか?再生可能エネルギーの可能性を確かめる航海が始まった。

化石燃料なしで世界一周
再生可能エネルギーの可能性

4月14日、再生可能エネルギーだけを動力に航行する双胴船「エナジー・オブザーバー」が、フランス北西部サン・マロで世界一周の航海に向けた進水式を行った。この船は、130㎡のソーラーパネルと2機の風力発電機、海水から水素を生み出す水素電解装置を備えた2機の電気モーターを搭載。無風時や夜間には、備蓄した水素を燃料にして航行する。
太陽光、風力、海水を燃料に、6月末にパリを出発して50ヶ国・101の港を6年間かけて巡るという。
過酷な環境も化石燃料なしで乗り越え、再エネへのシフトが実現できることを世界に向けて証明する、野心的な航海が始まる。

<ENERGY OBSERVER>
www.energy-observer.org


文/Yukinobu Kato

『SOLAR JOURNAL』vol.21より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 欧州一の売上を誇るSonnen社の蓄電池システムとは?
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  8. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  9. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
産運用EXPO2020

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース