太陽光発電

太陽光、風力、海水を燃料に、船で世界一周の旅!

化石燃料に頼らず、どこまで行けるのか?辿り着く先はどこなのか?そこに一体何があるのか?再生可能エネルギーの可能性を確かめる航海が始まった。

化石燃料なしで世界一周
再生可能エネルギーの可能性

4月14日、再生可能エネルギーだけを動力に航行する双胴船「エナジー・オブザーバー」が、フランス北西部サン・マロで世界一周の航海に向けた進水式を行った。この船は、130㎡のソーラーパネルと2機の風力発電機、海水から水素を生み出す水素電解装置を備えた2機の電気モーターを搭載。無風時や夜間には、備蓄した水素を燃料にして航行する。
太陽光、風力、海水を燃料に、6月末にパリを出発して50ヶ国・101の港を6年間かけて巡るという。
過酷な環境も化石燃料なしで乗り越え、再エネへのシフトが実現できることを世界に向けて証明する、野心的な航海が始まる。

<ENERGY OBSERVER>
www.energy-observer.org


文/加藤亨延

『SOLAR JOURNAL』vol.21より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 「PVビジネスセミナー」大阪にて9/20(水)開催!
  2. 2017年度、これが新FIT買取価格だ!
  3. ZEH時代到来! 太陽光発電は自家消費が基本!
  4. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  5. あなたは知ってる? 小形風力発電の3つの注意点
  6. トップ企業に聞く!太陽光発電を持続させる秘策
  7. 次の太陽光ビジネストレンドが見えてきた!
  8. 知らないと損する改正FIT基礎知識
  9. 小形風力発電で気をつけたい“720時間抑制ルール”とは?
  10. 今が革命前夜? 産業の「破局的変化」に遅れるな!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.22 / ¥0
2017年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース