太陽光発電

トップ企業に聞く!太陽光発電を持続させる秘策

2017年4月より改正FIT法が施行され、日本の太陽光発電業界は新たな段階へと突入した。そこで、業界のトップランナーである京セラ株式会社の池田氏と株式会社NTTスマイルエナジーの小鶴氏に、今後の太陽光発電事業について伺った。

自家消費への移行を見据えた
シェア拡大へ

日本ではFIT価格がさらに下がり、メガソーラー案件も減るでしょう。当社は、ここ2~3年はメガ案件が残っていますが、今後は住宅用でも産業用でも自家消費に軸足を移しながらシェアを伸ばしていきます。
そこで重要なポイントは「HEMSにAI機能を載せる」ことです。従来のHEMSは夜11時~朝7時まで蓄電して昼間に消費するという“時間”によるコントロールが中心で、“生活”を見ていませんでした。ライフスタイルに合わせてAIで充放電を自動でコントロールできれば、利便性が高まり経済性も良くなります。

このようにAIによる経済的メリットが電力会社からの料金よりも大きくなれば、消費者は自家消費への移行が進みます。また、当社ではVPP(仮想発電所)の構築実証事業にも参画しており、2016年だけで365台の蓄電池を設置しました。

これが進めば、例えば夏場の電力が不足したとき、住宅の蓄電池の電力を電力会社に提供することもできます。そうなれば電力会社とは共生できますし、消費者も電気料金負担が減り、当社もシェアアップにつながり、「三方良し」と考えています。

池田一郎氏

京セラ株式会社
ソーラーエネルギー事業本部
マーケティング事業部長

VPPの実現で地域電力を支える

初期の全量買取が終わり、今後は自家消費に向かうでしょう。FITバブルは終わりましたが、新設を含めて施工案件はまだまだあります。住宅用も堅調ですが、最近は「太陽光発電はお金を儲ける手段」というイメージが先行し、ユーザーが離れているのも現状です。今後の太陽光発電は長期安定稼働により基幹電源として認められることが大切です。

そのためにもO&Mが重要ですが、現状では国内の50kw未満のパネルで遠隔監視装置が付いているのは約20%ですので、当社の遠隔監視システム
「エコめがね」を通じてモニタリングサービスをさらに広げたいですね。家庭向けPPAの取り組みでは、日本エコシステムが展開する「じぶん電力」にエコめがねを導入し、自家消費分の料金を支払って余剰分を売電して発電の無駄をなくせるカスタマイズを実施しています。これなら安く電気を使えますし、災害時に独立電源としても使えます。
またVPPの実証をしています。実現すれば、家庭用の蓄電池を制御し電力の需給調整による系統安定化を図れますし、出力抑制にも対応できます。
今後は、VPPを中期的にバージョンアップしながら実現し、地域電力を支えていきたいと思います。

小鶴慎吾氏

株式会社NTTスマイルエナジー
代表取締役社長

トップ企業に聞く!
→ 第2弾はこちら
→ 第3弾はこちら
→ 第4弾はこちら


取材・文/大根大介

『SOLAR JOURNAL』vol.22より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 雑草対策にはどんな種類がある? 軽視できない太陽光発電所の“雑草問題”②...
  4. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  8. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  9. 経産省が9社の送配電分離を認可! ついに電力システム改革は最終局面へ
  10. VPP(仮想発電所) Cityだ…と…?欧州NO.1企業の戦略

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース