太陽光発電

新事業のチャンス「バーチャルパワープラント」とは

バーチャルパワープラント(VPP)という言葉をご存知だろうか? 太陽光発電協会(JPEA)は、VPPに関する技術こそ太陽光発電事業の成長には欠かせないと述べる。

太陽光発電の未来に
必要不可欠な技術

2050年200GW、さらに200GWを超えて成長を続けていくためには、多方面での技術の進歩が欠かせない。JPEAでは、最大の技術開発として「バーチャルパワープラント(VPP)」に関する技術を挙げる。

VPPとは、電力系統に分散配置されるエネルギー設備(発電・貯蔵・需要の能動化)を、IoTを活用したエネルギーマネジメントやデマンドレスポンスなどにより、あたかも1つの発電所のように制御するというもの。従来の電力システムを大きく変える概念であり、そこには太陽光発電に関連する多様な技術が内包されている。

ドイツをはじめ欧州では、既にVPPビジネスモデルが立ち上がっており、日本でも今後、新たな事業として拡大する可能性が大きい。

(出典)経済産業省資源エネルギー庁


取材・文/廣町公則

『SOLAR JOURNAL』vol.22より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  5. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  6. 温室効果ガス排出量は2018年度も減少! 国内企業の脱炭素化も、より活発に...
  7. 初期費用ゼロで「防草シート」を敷設できる。 低圧太陽光向け、最長15年クレジットプランとは?...
  8. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  9. コロナ禍で広がる経済への影響。世界と再エネの展望は「安全、安心」が開く...
  10. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

  ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース