注目キーワード

太陽光発電

新事業のチャンス「バーチャルパワープラント」とは

バーチャルパワープラント(VPP)という言葉をご存知だろうか? 太陽光発電協会(JPEA)は、VPPに関する技術こそ太陽光発電事業の成長には欠かせないと述べる。

太陽光発電の未来に
必要不可欠な技術

2050年200GW、さらに200GWを超えて成長を続けていくためには、多方面での技術の進歩が欠かせない。JPEAでは、最大の技術開発として「バーチャルパワープラント(VPP)」に関する技術を挙げる。

VPPとは、電力系統に分散配置されるエネルギー設備(発電・貯蔵・需要の能動化)を、IoTを活用したエネルギーマネジメントやデマンドレスポンスなどにより、あたかも1つの発電所のように制御するというもの。従来の電力システムを大きく変える概念であり、そこには太陽光発電に関連する多様な技術が内包されている。

ドイツをはじめ欧州では、既にVPPビジネスモデルが立ち上がっており、日本でも今後、新たな事業として拡大する可能性が大きい。

(出典)経済産業省資源エネルギー庁


取材・文/廣町公則

『SOLAR JOURNAL』vol.22より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. 「カーボンプライシング」とは何か? 小泉環境相、年明けから検討再開の意向...
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  6. 【2021年度FIT】調達価格や入札対象の検討スタート。FIP対象区分も
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 米気候変動政策、バイデン政権で環境分野へ巨額投資か。NEDOが予想
  9. 自家消費型太陽光ビジネスで勝つ! オンライン勉強会を1/27(水)に開催
  10. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 | ¥0
2020/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース