太陽光発電

新事業のチャンス「バーチャルパワープラント」とは

バーチャルパワープラント(VPP)という言葉をご存知だろうか? 太陽光発電協会(JPEA)は、VPPに関する技術こそ太陽光発電事業の成長には欠かせないと述べる。

太陽光発電の未来に
必要不可欠な技術

2050年200GW、さらに200GWを超えて成長を続けていくためには、多方面での技術の進歩が欠かせない。JPEAでは、最大の技術開発として「バーチャルパワープラント(VPP)」に関する技術を挙げる。

VPPとは、電力系統に分散配置されるエネルギー設備(発電・貯蔵・需要の能動化)を、IoTを活用したエネルギーマネジメントやデマンドレスポンスなどにより、あたかも1つの発電所のように制御するというもの。従来の電力システムを大きく変える概念であり、そこには太陽光発電に関連する多様な技術が内包されている。

ドイツをはじめ欧州では、既にVPPビジネスモデルが立ち上がっており、日本でも今後、新たな事業として拡大する可能性が大きい。

(出典)経済産業省資源エネルギー庁


取材・文/廣町公則

『SOLAR JOURNAL』vol.22より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  2. 【速報】太陽光発電の「入札」結果が明らかに!
  3. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  4. 来年度FIT激変、バイオマス発電に「入札」を導入!
  5. 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」4/11開催
  6. 2017年度、これが新FIT買取価格だ!
  7. あなたは知ってる? 小型風力発電の3つの注意点
  8. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  9. なぜ日本では「風力発電」導入が遅れているのか?
  10. 再エネが繋げない? 送電線「空き容量ゼロ」は本当か
SMA CO2O

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.24 / ¥0
2018年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース