太陽光発電

中東最大の太陽光展示会開催!日本も最新技術を披露

10月23日~25日に、中東最大規模の太陽光発電関連展示会がドバイで開催された。この展示会は、太陽光発電に関する最先端の技術を展示することで、政府や民間企業との良好な関係を築くための場として大いに賑わいを見せた。今回はいち早く到着した現地レポートを掲載!

期待高まる太陽光事業の
最先端技術が集結

2017年10月23日より3日間に渡り、中東最大規模の太陽光発電関連展示会「Dubai Solar Show(DSS)」がドバイワールドトレードセンターで開催された。
最新の太陽光発電技術を披露し、政府や民間企業とのネットワーキングの場となる同イベントは、エネルギー全般の見本市である「The Water, Energy, Technology and Environment Exhibition(WETEX)」の1部門として行われた。

当日は、ドバイ電機・水道局「DEWA」の CEOとともに、アラブ首長国連邦王族一行も各ブースを視察しており、今後の太陽光発電事業に寄せられる期待が高いことがおおいに感じられた。

参加者の多くはアラブ首長国連邦やサウジアラビアの企業であったが、中にはバーレーン、イラク、アフリカなどの企業も見られた。

※内訳:商社20%、EPC企業30%、メーカー20%、起業家・工場オーナー20%、コンサルタント5%、その他5%

参加していたEPC企業の多くが、これから太陽光発電事業への参入を考えているということだった。中東の国々は、地域の特性である砂漠の砂によって太陽光パネルの表面が覆われてしまうことが課題となっており、これらが解決できれば、ますます盛り上がりを見せるだろう。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 発電量を最大化するモニタリングシステムとは? 導入企業も多数!
  2. O&M協議会、初の技術セミナー「驚きのトラブルと解決法」が多数!
  3. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
  4. ソーラーシェアリング特集号第2弾! アースジャーナルvol.06発売
  5. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
  6. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  7. 東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に
  8. 頻繁に変更される未稼働案件ルール、今度は「変更整理表」更新
  9. エネ庁が未稼働案件への対応決定、「価格切り下げ」の原則は変わらず
  10. 出力制御は珍しいことではない? 再エネ先進国では”ごく日常的”

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース