太陽光発電

1口5万円から投資できる自然エネルギーファンド登場

PHIの自然エネルギーインフラ投資ファンド
その特徴は?

特徴は大きく分けて二つある。

1つは、手続きがインターネット上で行えることだ。すべての手続きをインターネットで完結することができる。郵送する書類は一切ない。本人確認も、メール等で本人確認書類の写真送ることで完了するので、手間がかからない。

もう1つは、業界最高水準の高い分配率だ。PHIの「パワーハウス太陽光1号ファンド」は目標分配率150%を掲げている。投資家による1口5万円~の投資に対し、目標分配率を10年で実現することを計画している。もし、日照不足や自然災害等によって収益が悪化しても、10年で目標を実現できない場合には11年目以降も分配が続く。分配総額が投資額の150%になるまで投資家への分配がなされるのだ。

 

パワーハウス太陽光ファンド1号の概要

商品名   :パワーハウス太陽光ファンド1号
申込単位  :50,000円/一口
取扱手数料 :3,240円(税込、出資金額50万円未満の場合のみ)
募集額   :4,000万円
申込期限  :2017年12月24日
(申込状況に応じて短縮・延長する場合あり)
事業開始日 :2018年2月1日(分配金の支払いは毎事業年度終了後3ヶ月以内)
投資先発電所:茨城県北茨城市、香川県さぬき市、富山県富山市、福島県河沼郡

12

関連記事

2019/12/25 | 編集部からのお知らせ

再エネビジネス誌『RE JOURNAL』創刊2号発売!

アクセスランキング

  1. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 雑草対策にはどんな種類がある? 軽視できない太陽光発電所の“雑草問題”②...
  4. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  8. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  9. 経産省が9社の送配電分離を認可! ついに電力システム改革は最終局面へ
  10. VPP(仮想発電所) Cityだ…と…?欧州NO.1企業の戦略

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース