太陽光発電

耕作放棄地を豊かに!“メガ”ソーラーシェアリング

日本のソーラーシェアリングの導入は着実に進み、2016年度には総計1054件と、ついに1000件を突破した。盛り上がりを見せるソーラーシェアリング市場において、今年もっとも注目をあつめたのが、3月に完成したビッグプロジェクト「匝瑳(そうさ)メガソーラーシェアリング発電所」である。

注目のソーラーシェアリング
順調に稼働中!

2017年3月、日本中の農業関係者とエネルギー関係者が注目するビッグプロジェクト「匝瑳(そうさ)メガソーラーシェアリング第一発電所」が完成した。落成式には、小泉純一郎、細川護熙、菅直人の歴代3首相が政党の垣根を越えて列席し、このプロジェクトの重要性を印象づけた。

ここは、ソーラーシェアリングとして日本最大規模となる1MW(メガワット)の太陽光発電所。想定年間発電量は142万4000kWh、一般家庭およそ300世帯分の年間消費量に相当する電力をつくりだす。
自然エネルギーへの転換が急がれる一方で、太陽光発電所の適地が年々減少している日本にあって、膨大な農地を活かして発電できるソーラーシェアリングへの期待は高まるばかりだ。これが1MWという大スケールで展開されるとなれば、関心が集まるのも当然だろう。

そのメガソーラーは、
新たな農地をつくりだす

しかし、匝瑳メガソーラーシェアリングは、ただ規模が大きいだけではない。

 


写真/片岡一史
文/廣町公則

関連記事

アクセスランキング

  1. 頻繁に変更される未稼働案件ルール、今度は「変更整理表」更新
  2. 小泉元首相も注目の「太陽光発電事業者連盟」が発足、今後の活動は?
  3. 東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に
  4. SUNGROWが新製品2機種を発表! 本誌連載中の飯田氏が基調講演も!
  5. 発電量を最大化するモニタリングシステムとは? 導入企業も多数!
  6. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
  7. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
  8. ソーラービニールハウスも大好評! BSLがパネル架台の可能性を切り拓く
  9. 2019年1月16日開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  10. インドが太陽電池モジュールのセーフガード課税を実施、影響は短期的?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース