太陽光発電

耕作放棄地を豊かに!“メガ”ソーラーシェアリング

日本のソーラーシェアリングの導入は着実に進み、2016年度には総計1054件と、ついに1000件を突破した。盛り上がりを見せるソーラーシェアリング市場において、今年もっとも注目をあつめたのが、3月に完成したビッグプロジェクト「匝瑳(そうさ)メガソーラーシェアリング発電所」である。

注目のソーラーシェアリング
順調に稼働中!

2017年3月、日本中の農業関係者とエネルギー関係者が注目するビッグプロジェクト「匝瑳(そうさ)メガソーラーシェアリング第一発電所」が完成した。落成式には、小泉純一郎、細川護熙、菅直人の歴代3首相が政党の垣根を越えて列席し、このプロジェクトの重要性を印象づけた。

ここは、ソーラーシェアリングとして日本最大規模となる1MW(メガワット)の太陽光発電所。想定年間発電量は142万4000kWh、一般家庭およそ300世帯分の年間消費量に相当する電力をつくりだす。
自然エネルギーへの転換が急がれる一方で、太陽光発電所の適地が年々減少している日本にあって、膨大な農地を活かして発電できるソーラーシェアリングへの期待は高まるばかりだ。これが1MWという大スケールで展開されるとなれば、関心が集まるのも当然だろう。

そのメガソーラーは、
新たな農地をつくりだす

しかし、匝瑳メガソーラーシェアリングは、ただ規模が大きいだけではない。

 


写真/片岡一史
文/廣町公則

関連記事

アクセスランキング

  1. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  2. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  8. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に
  9. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  10. 太陽光の「シェアリングエコノミー」がバングラディシュで普及中!
 

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース