太陽光発電

【速報】太陽光発電の「入札」結果が明らかに!

経済産業省は11月21日、太陽光発電設備(2MW以上)の第1回入札結果を発表した。入札は、改正FIT法の施行に伴い本年度より導入された新制度。いったい何社が入札に参加し、いくらで落札されたのか? 発表内容を速報する。

入札に参加した全9件が落札
合計出力は141MW強に止まる

入札にあたっては、まず入札参加資格の審査のために事業計画提出が求められていた。発表によると、提出された事業計画数は合計29件。審査の結果、入札参加資格が認められたのは、そのうち23件。しかし、実際に入札に参加したのは、その中の9件に止まった。

■第1回入札(2017年度)の結果

入札に参加した発電設備の出力規模は、最小5,600kW(ロイヤルリース株式会社)から最大30,006kW(ハンファエナジージャパン株式会社)。入札参加案件全体の合計出力は、141,366kW(141MW強)だった。

今回の入札における募集容量(落札される発電設備の合計出力)は、500MWとされていた。しかし蓋を開けてみたら、入札参加案件の合計出力自体が、それを大きく下回っていたという状況だ。従って、入札に参加した案件は、すべて落札されるという想定外の結果となった。

123

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  2. 大手企業が続々と電力シフト、いよいよ再エネが巨大マーケットに?
  3. 丸紅が石炭火力の権益を「2030年までに半減」と公表、その理由は?
  4. 台風20号で淡路島の風車が倒壊、日本の風車は果たして”危険”か?
  5. 放っておくと“発電停止”に!? 低圧ソーラー20年運用O&Mが必須な理由
  6. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  7. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  8. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  9. 住宅用太陽光「パネル貼り替えて再FIT契約」は認められず!
  10. 卒FITに関する意識調査、期間満了後どうなるのか理解しているのは4割

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース