注目キーワード

太陽光発電

多様化するO&Mサービス 未来への鍵③

買取価格も落ち着きをみせ、その重要度が高まっているO&Mサービス。「未来のへの鍵」第2部では、O&Mサービスが一躍注目を浴びた昨年のPVJapanの模様をお届け。

 

昨年のPVJapanでは
O&Mが主役に

太陽光発電協会(JPEA)主催の太陽光発電に関する国内最大級の総合イベント「PVJapan」。昨年は、7月下旬の3日間、東京・江東区の東京ビッグサイトで大盛況のうちに実施された(今年は6月29日~7月1日にパシフィコ横浜で開催)。

JPEAの亀田正明事務局長は、「PVJapan出展企業の展示は今後の太陽光発電産業のトレンドを示している。ずばり今後のトレンドはO&M(運営・保守管理)サービスですね。多くの展示ブースがさまざまなO&M商品・サービスをアピールしていました」と語る。

いよいよ日本の太陽光発電産業のO&M市場が本格的に成長していく。O&M商品・サービスと一口にいっても、内容は多種多様だ。具体的なサービスの中身をみると、まずなんといっても太陽光発電システムの遠隔監視サービスが挙がる。

国内シェアトップのNTTスマイルエナジーを筆頭に、多くの企業が独自の技術を競い合いながら遠隔監視サービス・商品を市場投入している。NTTスマイルエナジーの谷口裕昭社長は、「当社の遠隔監視サービス『エコめがね』の導入実績は右肩上がりで増えている。最近の傾向としては、すでに太陽光発電設備を稼働しているお客さまが、『エコめがね』を後付けで導入する例が増えてきていること。2012年7月の再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)開始当時には、浸透していなかったO&Mサービスの重要性が太陽光発電設備のオーナーに着実に広まっているようだ」と語る。

さらには、雑草対策や、太陽電池モジュールの洗浄、発電検査、など、雨後の筍のように日々新たなサービス・商品が世の中に出ている。なかでも発電検査サービスでは、太陽光発電設備の現場へ直接乗り入れて検査する検査装置設置車両が注目を浴びている。

12>

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率
  2. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 4月27日、Zoom開催決定! 太陽光の新たな価値がわかる「PVビジネスセミナー」...
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 再エネ賦課金の2021年度単価が決定。再エネの自給自足に向け機運高まる
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. エネルギー基本計画、2050年「再エネ5~6割」をたたき台に議論始まる

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.36 | ¥0
2021/1/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース